中国で携帯電話が爆発 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

中国で携帯電話が爆発

index

また中国です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



002054

中国ではこのところ、夜明けごろから朝にかけて携帯電話が爆発する
事故が多く報じられている
。多くのユーザーが「身の危険」を感じるようになった。
就寝前に充電を始めたところ、朝になり爆発するという

福建省廈門(アモイ)市に住む女性の余さんは21日午前8時ごろ、携帯電話の
目覚まし音でいったん目を覚ました。まだ寝たい。
余さんは手を伸ばして目覚ましを停止した。再び目を閉じてまどろむ。

それほどの時間は経過しなかった。枕元の携帯電話が「バン!」という音を
たてて爆発した。携帯電話はばらばらになって飛び散った。
電池は木の床に落ちて燃え続けた。部屋に濃い煙が充満した。
余さんは飛び起きた。大声で助けを求めた。

高級機種である韓国メーカーのスマートフォンが、買ってから数日後に
爆発した
という人もいる。枕元に置いて寝ていたが、本体が爆発。
吹き飛んだ電池が顔を目がけて落ちてきた。とっさにかわして無事だったが、
布団や枕が黒こげになったという。
携帯電話の爆発は多くの場合、充電時に発生している。それも、夜に充電を始めて、
朝になり爆発する場合が多い。

メーカーの顧客相談係に連絡を取ったところ、「正規の販売ルートを通して購入した
場合、サービスセンターに相談されることをお勧めします」、
「計測の結果、品質に問題があったことが確実と分れば、責任を負います」
と言われたという。

充電時の安全性については「夜に充電して、次の日に電源から抜く人が
いますが、充電が終わったら必ず、すぐに電源からはずしてください」、
「通常ならば、2-4時間で充電は終わるはずです。長時間たっても充電が
終わらないものは、電池に問題がないかどうか注意してください」
との説明だった。

携帯電話の「目覚めの爆発」については、多くのユーザーがインターネットなどで
意見を表明した。「いかなる場所にいても、危険がつきまとうのさ」と、呆れる
ユーザーもいる


山東商報も「携帯が充電時に突然爆発、あなたは携帯を枕元で受電する
度胸がありますか」との見出しの記事を発表した。
インターネットでは、「携帯電話を枕元で充電してはいけません。あなたは
していませんか? だったらただちに改めなさい」、「私はずっと枕元で充電していた。
あまりにも恐ろしい」などの書き込みが相次いでいるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00000042-scn-cn

もう中国でなにが爆発しても驚きませんが、携帯電話は
あまりに身近なものなのでリアルに怖いですね。
日本に入ってこないで欲しい。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph007585Ph007586
PS3:ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 数量限定 予約特典コード 付
PS3コレクターズエディション
PC:ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 数量限定 予約特典コード 付
PCコレクターズエディション



コメント

  1. 名無し

    別にいつもの事じゃん
    なに騒いでるの?

  2. 名無し

    携帯電話が爆発したくらいじゃもう驚かない

  3. 名無し

    コインが爆発したのに比べればこんなの

  4. 名無し

    今更次郎
    全く驚かんよ!

  5. 名無し

    いいアラーム機能だな(笑)

  6. 名無し

    携帯くらいじゃチャイナボカンに入らんな!
    朝になり爆発するというタイマーなんだろ

  7. 名無し

    いつものパチ物だった可能性があるね。
    中国は、パチ物がホンモノとして普通に売っているから。

    今回の物は、携帯本体がパチ物だったか、充電器がパチ物だった、バッテリーがパチ物だった可能性あり。
    リチュームイオンは過充電や衝撃で発火・爆発するから・・・

    まあ、何にせよ、『いつものこと』ですね。

  8. 名無し

    今度はあまえびが爆発するぞ

  9. 名無し

    そもそもバッテリーは燃えるもの。

  10. 名無し

    韓国メーカーですから・・・・

  11. 名無し

    もう飽きたわ、中国で爆発はよくあることだ気にすんな

    もう中国で何が爆発してもおどろかんわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング