(おつかれさま) 36年前に打ち上げた「ボイジャー1号」、数か月後にも太陽圏を脱出! 180億キロの長旅ながら、現在も交信可能 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(おつかれさま) 36年前に打ち上げた「ボイジャー1号」、数か月後にも太陽圏を脱出! 180億キロの長旅ながら、現在も交信可能

Ph010338_s

ボイジャー1号が大いなる偉業。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


Ph010338

36年前に打ち上げられた米探査機「ボイジャー1号」が
数か月から数年後に、太陽から吹き出す太陽風が届く範囲(太陽圏)を
脱出する見通しになった。

米航空宇宙局(NASA)が発表した。
太陽圏を出れば、恒星間の空間に到達する初めての人工物になる。

ボイジャー1号は打ち上げ後、惑星の重力を利用しながら進み、
現在は太陽から180億キロ・メートル(太陽と地球の距離の約120倍)
離れた地点を飛行中。長寿命の特殊な電池を搭載し、
地球と定期的に通信している。

知的生命体との遭遇に備え、
地球の音楽や言語を録音したレコードも積み込んでいる。

Wiki:ボイジャーのゴールデンレコード

NASAは「ボイジャー1号は人類が最も遠くまで送り込んだ偵察隊。
太陽風は劇的に減少しており、
恒星間の空間が視野に入りつつある」
としている。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130629-OYT1T00378.htm

(人は乗っていませんが)人類がはじめて太陽の影響下から脱出。
180億キロという途方も無い長旅、お疲れ様です。
ボイジャーに搭載されているゴールデンレコードが、
ほかの惑星に居住する人間のような知的生命体に拾われて
解読されるというようなドラマがあればいいですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
そのころに人類が存在してるかどうか

TIKYUBOUENGUN (7)TIKYUBOUENGUN (1)
PS3:地球防衛軍4

Xbox360:地球防衛軍4



コメント

  1. 名無し

    >そのころに人類が存在してるかどうか

    トンキンは絶滅してるかもナ。。。

  2. 名無し

    にしても、これだけ離れてても通信ができるなんてすげえな。それも36年前の技術なのに。

  3. 名無し

    確かボイジャー1号か2号のどっちかに誰かの骨入ってなかった?

  4. 名無し

    36年で180億kmということは5億km/年で進んでいるのかな。
    1光年は約9兆kmだから、単純計算で36×500≒1万8千年かかるのか。

  5. 名無し

    4.
    勉強になります

  6. 名無し



    スイングバイで段階的に加速しているから、現在は算術平均よりもっと早く移動しているはずです。

  7. 名無し

    今頃なんだけどトンキンってことばなんではやってるの?
    センスいいし自分は日本人ですっていうPRなの???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング