匿名通信システム「Tor」や暗号化メールを使うとNSAにデータを保持される可能性が浮上!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

匿名通信システム「Tor」や暗号化メールを使うとNSAにデータを保持される可能性が浮上!!

index

匿名通信システム「Tor」や暗号化メールを使うとNSAにデータを
保持される可能性が浮上!!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



top
tor_english

個人が特定されるIPアドレスを相手に知られることなくウェブの閲覧などができる
匿名の通信システムTorを経由してインターネットに接続したり、メールを
暗号化して送受信する方法は個人情報の流出などを防ぐ予防線として
使われていますが、イギリスの全国紙The Guardianが公開したNSA(国家安全保障局)
の極秘資料によれば、Torや暗号化したEメールを使用すると、しない場合に比べて
NSAにデータを保持される可能性がより上がってしまう
とのことです。

NSAはGoogle・Apple・Yahoo!・Facebook・Microsoftなどインターネット
関連企業のサーバに直接アクセスして情報を収集する「PRISM」という
極秘プロジェクトを運営していることが発覚したばかりで、またユーザーからの
非難を集めることになりそうです。

The Guardianが公開したNSAの極秘資料には、アメリカ国内で交わされる
Torを介したインターネットへの接続や暗号化したメールのデータなどは、
手違いなどで収集収集されてしまった場合でさえNSAが保持する権利を有する、
と記されていました


また、対外諜報活動によって収集されたアメリカ市民に関する個人情報は
「破壊・破棄しなければいけない」」と書かれている一方、「保持することもできる」と
記されています。

snap1549

つまり、Torを経由してインターネットに接続したり、メールを暗号化して
送信すると、IPアドレスが公開されないためNSAは位置情報を知ることができず、
アメリカ国内にいないと判断されデータを収集され保持されてしまう可能性が
出てくるということです。
http://gigazine.net/news/20130623-tor-encrypted-email-more-risk-that-nsa-keeps-the-data/

上記はアメリカでの話ですが、国内でも例の遠隔操作ウイルス事件以来、
サイバー犯罪に関する警戒が強まっている情勢。
国会で審議され、海外に習えで国内でも暗号化通信に対する法的な制約が
決定されれば、もはやインターネットには完全に匿名性がなくなってしまうと
言っても過言ではありません。

匿名を使った犯罪行為はもちろん許されるものではありませんが、
完全に自由のないネット社会というのも、それはそれで魅力のない
厳しい社会になってしまいそうですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

002592
(遠隔操作ウイルス) 片山容疑者が今度はAKB襲撃予告容疑でまたもや追送検www

Ph008301
モンスターハンター4



コメント

  1. 名無し

    ゆうちゃんは日本だからセーフだったわけか…

  2. 名無し

    え?元々匿名なんて存在しないし。
    ネットワークの仕組みを勉強すればそんな事くらいわかるっしょ。

  3. 名無し

    それ言ったらネットワークじゃなくても匿名なんて存在せんわな

  4. 名無し

    そんな分かり切ったことをドヤ顔で言ってる>>2がキモすぎる…

  5. 名無し

    >>4
    この時間に書き込むニート乙

  6. 名無し

    通名でいいんじゃね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング