Google検索で「Google死ね」と検索してはいけない! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

Google検索で「Google死ね」と検索してはいけない!

images(2)

Google検索で「Google死ね」と検索してはいけない!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



android

検索サービス大手のGoogle。聞けば何でも教えてくれるというその性能から
ネットユーザーは愛と尊敬を込めて「Google先生」そう呼んでいます。
ただそんなGoogle先生。質問(検索)するとたまにトンチンカンなことを
やってくれるので有名です。

気になったので有名どころのワードをいくつか検索して遊んでみたところ、
「Google死ね」のワードで妙なものを発見しました。
「Google死ね」と検索して最新で表示されるのは、「もしかして:」ではなく
「他のキーワード:」という項目。
次の3件が表示されていました。

・家族が増えるよ××××××(×部分は伏字です)
・Google おもしろ 検索
・Google先生


4

あとの2件は「Google死ね」と入力したからか
「Googleにはこんなにユーモアもありますよ~」
「Googleはこんな風にも尊敬されていますよ~」的ドヤ顔アピールなのかもしれません。

気になったのは最初の1件。「?」と一瞬思ってしまいますが、なんとこのワード
「Google遊び」の一種「検索してはいけない言葉」の1つなんです。

出てくる検索結果は読むと不愉快さばかりが残る非読書大推奨のマンガ。
私の推定ですが、「検索してはいけない言葉」の中でも、5段階あるとすれば
4段階程度にはランク入りする比較的ハイレベルな言葉
です。

なぜこんなものが「他のキーワード:」として優先順位1位で紹介されているかは
全く謎ですが、知らずに検索してしまったら……と思うと。
「Google死ね」と検索したことによるちょっとしたGoogle先生からの仕返しなんでしょうか。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw650767

・家族が増えるよ××××××(×部分は伏字です)
002759

元ネタはカワディMAX作の”涙あふれる現代のファンタジー”エロ漫画「コロちゃん」に
登場する1コマである。「コロちゃん」はコミックス「少女奴隷スクール」に収録されている。
タイトル通り18禁に属するので、未成年の人は気になっても大人になるまで我慢しよう。
あんまりにも内容がひどいので、このネタを使うとたとえ冗談であっても
「おいやめろ」「おいばかやめろ」と返されることがある。
http://dic.nicovideo.jp/

Googleらしいちょっとした仕返しですな。
Googleは遊び心がある会社、そんな部分がけっこう好き。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

jojo - コピー
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル



コメント

  1. 名無し

    すみません意味不明です

  2. 別にたえちゃんでそこまで酷いとは思えない
    映画のダンサーインザダークくらいじゃないと鬱にならん
    それに所詮漫画だし
    普段からマンガアニメばかりみてる現実と混同しちゃうようなおこちゃまにはきついかもね^^;

  3. 名無し

    xxxxで伏せているのに画像2つどっちも伏せていないとかあほすぎワロタ
    そしてつまらない記事だった

  4. 別にダンサーインザダークでそこまで酷いとは思えない
    漫画のたえちゃんくらいじゃないと鬱にならん
    それに所詮映画だし
    普段から映画ばかりみてる現実と混同しちゃうようなおこちゃまにはきついかもね^^;

  5. 名無し

    児ポ改正賛成なわけでもないけど、メディアものを子供に対して我慢しなさいってどうなんだろう???
    ネットをライセンス・年齢規制を厳正しない限り、モラルなしで模索行動(犯罪・割れ)の促進につながると思うんだよね。
    影響力もちの人気ブログあまえびは子持ちとしてどう思ってるのかな???

  6. 名無し

    >>5 警告や自己責任をうたいながら割れ中を増殖させるようなブログを書いたやつになに言ってるんだ?w

  7. 名無し

    実際××××××なしの検索でも行き着くという…

  8. 風吹く名無し

    実際に見たんだけどそんなに怖くはなかったなぁ。
    まぁ、私が見慣れてるだけだと思いますが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング