「8時間寝るのがベスト」はまったく根拠のない話だったことが判明!本当に正しい睡眠のとり方とは? | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「8時間寝るのがベスト」はまったく根拠のない話だったことが判明!本当に正しい睡眠のとり方とは?

003594

「8時間寝るのがベスト」はまったく根拠のない話だったことが判明!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




130608how_much_sleep

人間は平均して一生のうち24年間を寝て過ごします。
しかし、この「睡眠」に関しては不可解なことが多く、健康のためにどのくらいの
睡眠時間が必要なのかもわかっていません。
今回は研究成果を取り上げながら、この「睡眠の謎」に迫ってみました。

「8時間睡眠がベスト」説は忘れるべし
「8時間から9時間は寝ないとダメだ」という一般的な回答。
これは、事実無根の思い込みかもしれないのです。

睡眠研究の第一人者Daniel Kripke教授によれば、これまでに
「8時間睡眠が理想的である」ことを裏付ける証拠は一切見つかっていない
ということです。同教授の最新の研究では、「一晩に6時間半から7時間半の
睡眠を取る人が、もっとも長生きで幸福度も高く、最大の生産性を発揮している」
ことが判明しています。「それ以上長く眠ると健康に悪い」そうです。

人間は6時間半から7時間半の間で、自分に最適な睡眠時間を
探るのが近道のようです


寝不足の落とし穴:脳に与える影響とは
睡眠に関するとても興味深い話のひとつ。
4時間しか寝ていないはずなのに、7時間半の睡眠を取った自分と同じくらい
集中力があり、頭が冴え、仕事をバリバリこなしている人に出会ったことがありませんか?

この状況からは、「極度の睡眠不足であっても、しっかりと睡眠を取った人と
同程度の集中力を持ち、元気いっぱいでいることは可能」
ということが言えます。
最新の研究結果によると、何らかの課題を与えられた時にベストを尽くせば、
睡眠不足の人も、そうでない人と全く同じ結果を出せることが明らかになっています。

十分に寝ていようが寝ていまいが、人は誰でも、時おり集中力を失います。
そんな時、十分な睡眠が取れていれば、頭がぼんやりしてきても脳がそれを補おうとし、
集中力は復活します。ところが、睡眠が不足していた場合、集中力は回復しないのです。
大きな発見は、睡眠不足状態にある人間の脳も、正常に機能することは
あるものの、断続的に停電のような状態に陥るという点です。

では、睡眠の力を最大限に活用し、成果をどんどん上げていくには
どうしたらよいのでしょうか。

お昼寝習慣のススメ
毎日20分ほど昼寝。
学者は昼寝の最大のメリットは、「ほんの数分浅い眠りに落ちるだけで、
脳が注意力を回復できること」だと指摘しています。

昼寝の長さも重要です。「昼寝をしても自分には効果がない」という声を
よく耳にしますが、このような場合は大抵、昼寝の時間が長すぎるのが原因です。
30分以上昼寝をしてはいけません。20分が最適な長さです
極めて重要な最後のポイントは、昼寝を一貫した習慣にすることです。
毎日昼寝をすることと、昼寝する時間帯(生産性が低下する午後3時頃が一般的)
の両方を確実に守りましょう

「起床時間をきっちり決める」
そして起床時間を、起床後すぐに取り組まなくてはならない活動に結びつけます。
7時30分に目覚ましをセットしても、いつもスヌーズボタンを押してしまうという人は、
違った方法を試してみましょう。目覚まし時計を同じようにセットした上で、
朝起きたらすぐにしなくてはならない行動とその時間を決めるのです

心身ともにちゃんと疲れる
精神的に困難なタスクと、身体的に負担の大きいタスクを、最低でもひとつずつ
自分に課してみましょう。熟睡につながり、全身をしっかり休めることができます。
http://www.lifehacker.jp/2013/06/130609how_much_sleep.html

ただたくさん睡眠を取れば良いというものでもないのですね。
早速今日から実践して、自分にベストな睡眠時間を見つけ
生産性を向上しましょう!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph008301
モンスターハンター4



コメント

  1. 名無し

    これもうわかんねぇな

  2. オナ禁したら12~5時の睡眠になった
    1時間以上短縮された

  3. >>2
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    お前はもうしんでいる

  4. 名無し

    いつもおれ寝過ぎてたのか・・・

  5. あまえび

    つまらねー記事

  6. おいおい

    健康のためにどのくらいの
    睡眠時間が必要なのかもわかっていません。

    「一晩に6時間半から7時間半の
    睡眠を取る人が、もっとも長生きで幸福度も高く、最大の生産性を発揮している」
    ことが判明しています。「それ以上長く眠ると健康に悪い」そうです。

  7. 名無し

    寝る時間じゃなくてどの時間帯に寝るかが大事なんじゃないの?

  8. 名無し

    筋トレしてるから理想は8時間
    いつも7時間になってしまう

  9. 名無し

    結局人によるから各々勝手に最適解を探せ、が正解なのよね
    ノンレム睡眠の時に起きるのが一番いいのは間違いないんだけど、周期がまちまちで難しいらしいし

  10. 名無し

    一日中座ってるだけだけど10時には眠くなるから9時間くらい寝る

  11. 名無し

    12時間の間違いだろ

  12. 名無し

    3年寝れば判る!

  13. 名無し

    どうせこの理論も覆る
    つか人によって違うんだからいちいち知ったか理論出すのはやめろ

  14. 名無し

    ちょっと前に医者が4時間半寝たら人間なんとかなるとか言ってなかったっけ?

  15. 名無し

    俺の幸せ奪わないで(´;ω;`)

  16. 名無し

    ※14
    脳を休ませるのにそれ以上は同じとか言ってたな
    体が疲れてないならそれでいいらしい

  17. 名無し

    米15
    今夜は寝させんぞコラ

  18. 名無し

    実際には目の疲れがメインかもな

  19. 名無し

    知ってた

  20. 名無し

    人によるだろ とりあえず6時間くらいは寝ておけぐらいの解釈にしている

  21. 名無し

    普段から、6時間や7時間だが幸せじゃないな。
    10時間ぐらいは寝たいんだが・・・

    睡眠時間削ると、仕事でミス増えたり、肌荒れや抜け毛もあったりして
    睡眠少なくても大丈夫ってのは、社畜を作りたい経営者の言い訳にしか聞こえない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング