カラーひよこの製造方法が過酷すぎて泣けてくる | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

カラーひよこの製造方法が過酷すぎて泣けてくる

5 (1)

カラーひよこの製造方法が過酷すぎて泣けてくる。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



5 (6)

昔は縁日で頻繁にうられていた色付きのひよこ「カラーひよこ」ですが、
昨今の動物愛護問題もあり、販売されなくなりました。
これらひよこは一昔前まで単純にスプレーなどで色をつけて販売されており、
その製造工程によるストレスなどで短命に終わることが多かった
と言う。
しかし最近のカラーひよこはそんなストレスもなく製造されているようです。

5 (2)
5 (4)

こんな色鮮やかなヒヨコがいるものなのか、と感心させられてしまいますが
これらはスプレーで単純に色をつけただけのカラーひよこではありません。
現代の最先端のテクノロジーで生まれながらにして「色付き」のヒヨコなのです。
つまり生まれた後に色をつけることが無いのでヒヨコたちはストレスなく
店頭に並ぶのです


くちばしの先までピンク色に染められたヒヨコたち。果たして彼らはどのように
色をつけられたのだろうか。
なんと卵の段階から色をつけられているという衝撃の事実があるようだ。

5 (3)

どうやら卵の中に過酸化水素やアンモニア、食品着色料などを入れ
成長過程で既に色をつける
と言うとんでもない方法。
色付きの液体を生まれる前に浴びることで全身が鮮やかな色に染まると言うもの。
もちろん化学薬品を体内に取り込むと言う過酷な環境で育つヒヨコの寿命が
そう長くは無いことは容易に想像できそうだ。

日本では既に購入することが出来ないカラーひよこだが、海外ではまだ頻繁に
売られているようだ。一度はみてみたいものの、なんとなく目をそむけたくなる
複雑な心境になる。

5 (5)
http://www.yukawanet.com/archives/4466656.html

カラーひよこ 豆知識
本来のひよこには有り得ないカラフルな着色を施すことで子供に奇妙さや
愛らしさを抱かせるアイデアが生まれ、売上げに貢献した。
本来の色のひよこならば、1度に1羽を買う程度なのが、色が違えば集めたくなり、
一度に何羽も買う例もよく見られたためである。アイディア発祥はフランス説がある。

着色には、主に繊維用の染料を水で薄めて、ここにひよこを漬けるか、
スプレーでかけることが行われた。

子供に買われたカラーひよこは主にペットとして飼われるが、購入されるまでの間に
置かれる加工(短時間で効率良く染料を乾燥させる為、強力な熱風を浴びせ続けられ、
これも短命の原因の一つとなっている)・販売環境が劣悪な場合が多く、
買われてから間もなく死んでしまうことも多い。

そのため、的屋の世界では、早く死ぬという意味で「ハヤロク」(「南無阿弥陀仏」の
六文字とかけて、死ぬことを「ロクる」と称した)とも呼ばれていた。
順調に生育したとしても、着色された羽毛は成長に伴って徐々に抜け落ち、
新しく白や黄色の羽毛が生えるため、可愛げだったカラーひよこも徐々に
まだら模様になり、1ヵ月もすると、もはや普通の鶏と変わらない姿となる。
近年では動物愛護の概念が浸透し、日本でカラーひよこが売られることは
稀になっている。 (wiki

>本来の色のひよこならば、1度に1羽を買う程度なのが、色が違えば集めたくなり、
一度に何羽も買う例もよく見られた


コンプリートした子は当時、金持ちの家の子だったのでしょうね。
確かに人間心理をついた、うまいアイディア商法です。
(すぐ死ぬことや、製法など知らなかった子どもに罪はないですが)

ただしそのためにヒヨコとはいえ、生き物の命を軽く見てはいけません。
早々に規制して売られることがなくなった日本は、やはり人道的にも
世界に誇れる部分があると思います。
海外でも、もうこんな商売はやめて欲しいですな。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

002178
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable 通常版 (0 同梱) クリアしおり5枚セット 付
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable 限定版 (限定版用描き下ろしジャケット&新規オープニング曲CD&設定原画集 同梱) クリアしおり5枚セット 付

002179
ニンテンドー3DS LL ルイージ30周年 パック



コメント

  1. 名無し

    色つきのひよこより色鮮やかなインコのほうがいいと思うけど

  2. 名無し

    >>1インコだと値が張るんじゃね

  3. 名無し

    カラースプレーで塗られてないだけマシか

  4. 名無し

    つうか今は役立たずのオスとわかった時点でほとんど潰されるんだが
    そっちの方がいいというんならそうなんだろう

  5. 名無し

    どっちにしろ短命なのね

  6. 名無し

    人間って最低ですよね。
    滅びればいいのに

  7. 名無し

    >>1
    かわいくないとか

  8. 名無し

    ヒヨコが大きくなったら単なる白色レグホンの雄鶏でしかなく、ちっとも
    可愛くもないものを飼育放棄して捨てられ神社や山で野生化しているのが
    問題になって日本の現状見たら早くに死んだほうが子供に命の尊さも
    教えられるんじゃないかと。
     とりあえず、どんな生き物でも「捨てるなよ。責任もって死ぬまで育てろ」
    ですわ。

  9. 名無し

    で、結局短命なの?

  10. 名無し

    これは無いわぁ

  11. 名無し

    俺も遺伝子段階でイケメンの調整されたいなあ

  12. 匿名

    可哀想

  13. 名無し

    王様のレストランのノリトモさん思い出した

  14. 名無し

    オスはワニのえさになるとかそんなんだからなー
    鶏肉食ってるうちは、何にも言う権利がないorz

  15. 名無し

    昔から祭りで売られてた話はよく聞いたが実際に見たことは一度もないな
    こんな鬼畜行為を行ってたのはどうせ昭和世代なんだろうな

  16. 名無し

    おや・・・ここの皆さんは食肉のために生まれてくる動物を知らないのか?
    それとも可愛い時だけ可愛がる小学生思考なのか・・・

  17. 名無し

    ここの皆さんにお前も入ってるんだぞ?
    さすがに自己矛盾してることに気がつけよ

  18. 名無し

    >>17
    いやいや※16はわかってるんでしょ
    弱肉強食がこの世の基本
    アグネスみたいな思考が多いなぁと思ってるんだろ
    命をもてあそぶのは人間だけじゃないぞ
    ネコもヒグマも食わない生き物を遊んでコロス。
    ただそれだけ南無南無

  19. 16

    >>17
    自分が当てはまってないなんて書きました?
    可愛いものだけに慈悲心を抱いてる人はご都合主義だなってコメントしただけだろw

  20. 名無し

    カラーひよこって最近祭りでも見なくね?

  21. 名無し

    >>6
     別に人間が最低な訳じゃない。そんな考え自体が傲慢だよ。
    人間に限らず生き物は生きる為なら何でもする。人間はその「生きる為」の行為が商売に結び付いているだけだ。
    人間は社会性の生き物で、社会で生きなければならないのだからこれも当然の事。
    問題があるとすれば、生態系を破壊するまで事態が悪化させる事だ。
    こんなカラーひよこ程度で鬼畜と言っていたら、世界は地獄その物だ。
    全く、幼児レベルのメンタリティの奴が多いよなw

  22. 名無し

    >>20よく読めよww

  23. 名無し

    お前らな~この世の中でもっとも残酷な生き物知ってるのかよ?
    それは・・・・・・
    お前ら人間だよ。

  24. 名無し

    ↑ しょうがないよ、世界が残酷なんだから。
    死にたくなくても寿命や事故、病気で強制終了。
    平和に暮らしたくても、のんびりしてると飢えてる者に奪われる。
    熱帯魚もエサ無くなると喰い合う。
    人間も一緒というだけ。

  25. 名無し

    成長したら白?

  26. 名無し

    ひよこ売ってるの見たこと無いわ

  27.  

    旨い肉になるように品種改良され、食用として飼育される鳥よりはまし

  28. 名無し

    分かった、分かった。
    なら、お前らもカラー人間になれよw

  29. 名無し

    米19
    「私がご都合主義の小学生思考だ」って事ね
    自虐だったわけだ。それは気がつかなかった。

  30. 名無し

    >>28
    模範的な一般大衆もカラーひよこみたいなものさ
    支配層にとっては駒、数で計算される
    特別だと思いたがるけど成り上がらなければ消耗品
    まずは人に使われるのではなく使う側にならないと始まらない

  31. 名無し

    ※29
    多少なりとも自分の都合が思考に混ざるのは当たり前
    小学生レベルのレッテルはってるのはブーメラン自分にささってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング