「始祖鳥」よりも原始的な鳥の化石が中国で発見される!鳥の祖先は草食系恐竜だっという説も登場!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「始祖鳥」よりも原始的な鳥の化石が中国で発見される!鳥の祖先は草食系恐竜だっという説も登場!!

002222

「始祖鳥」よりも原始的な鳥の化石が中国で発見される!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



1171

鳥の祖先とされる「始祖鳥」よりも原始的な特徴を持つ新種の鳥の化石を
発見したと、ベルギーや中国などの研究チームが30日付の
英科学誌ネイチャーに発表
します。

この化石は、中国遼寧省の1億6500万~1億5300万年前
(ジュラ紀中期~後期)の地層から見つかりました。
研究チームは、「あけぼのの鳥」を意味する「アウロルニス」と名付けました

ほぼ全身の化石が見つかっており、羽毛の痕跡も確認できました。
全長は51cm。骨格を分析した結果、始祖鳥よりも恐竜に近く、これまでの鳥の
化石のなかで最も原始的であることが分かりました


002221

鳥は恐竜から進化したと考えられていますが、ここ数年で羽毛を持つ恐竜が
多数見つかったことから、鳥と恐竜の境界があいまいになり、始祖鳥を恐竜と
位置づける考え方も出てきました。
しかし、始祖鳥よりも原始的な鳥がいたという今回の結果で、「始祖鳥は鳥」
という説が改めて有力になりました。

002220

またこれとは別に、北海道大の小林快次准教授と中国の研究者の
共同チームは、中国で発見された恐竜の化石について、肉食恐竜の
骨格ながら草食用の歯やあごを持つ新種であることが分かったと、
30日付の米科学誌プロスワンで発表します。
草食系の恐竜から鳥類への進化の可能性を示す貴重な資料になるとみています。

小林准教授によると、鳥類は、肉食恐竜で小型獣脚類のコエルロサウルス類
から進化したとの見方が有力とされています。
今回、白亜紀前期(約1億2500万年前)の地層から見つかった新種は
体長約2mで、コエルロサウルス類に含まれるテリジノサウルス類の一種ですが、
くちばしが発達。のこぎり型の歯のギザギザや、歯のかみ合わせのカーブが
植物繊維を切る構造を持っていました。
「ジアンチャンゴサウルス」と名付けられました。

小林准教授は「鳥類は、生態系の上位にいる肉食の動物ではなく、
植物を食べる『生態系の弱者』が空へ追いやられた形で進化した可能性もある」
と話しています。

002219

commonpost.info/?p=68357

[ 付記 ]
ただし、ここで言う「鳥類」は、「古鳥類」のことであり、現在の鳥類(新鳥類)とは
まったく関係がない。単に「翼をもって空中を飛べる」という意味の「鳥類」で
あるにすぎない。この系統の生物は、白亜紀末に、すべて絶滅した。

要するに、「鳥類」は、二つの系列があり、それらが収斂進化したのである。
ちょうど、哺乳類のクジラが、魚類と同様な形態に収斂進化したように。
クジラは魚類に似ているが、魚類ではない。「どちらも水中に棲息する」からといって、
「どちらも同じ仲間だ」とは言えない。

鳥類も同様、「どちらも空中を飛ぶ」からといって、古鳥類と新鳥類を
「どちらも同じ仲間だ」とは言えない。アウロルニスやアンキオルニスは、
古鳥類に属するがゆえに、現在の鳥類とは関係がないのである。
http://openblog.meblog.biz/article/16917503.html

この説が認められると、これまで刊行されてきた恐竜図鑑などの内容が
変更、改訂される可能性があります。
太古の時代、まだまだ隠された秘密、神秘はつきませんね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

0022025
スーパールイージU
ピクミン3



コメント

  1. 名無し

    ワクワクします

  2. 名無し

    中国の、こういうのが出てくるって環境はうらやましい

  3. >>2
    中国は資源がある国だからな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング