飲酒と喫煙がセットである理由が判明!ニコチンとアルコールが脳を刺激し「喫煙→飲酒したくなる」という悪循環が生じる | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

飲酒と喫煙がセットである理由が判明!ニコチンとアルコールが脳を刺激し「喫煙→飲酒したくなる」という悪循環が生じる

004648

飲酒と喫煙がセットである理由 体内で「タバコを吸う → さらに酒が飲みたくなる」
という悪循環が生じる。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



shutterstock_29507842

酒を飲みながら、タバコをくゆらせる人は多い。酒好きは、タバコ好き。
タバコ好きは、酒好き。どちらが最初に来るかはともかく、酒とタバコは
セットであるイメージが強い。だが、どうして酒とタバコってセットなんだ!? 

その理由が研究により判明した。
背景にはニコチンとアルコールの両物質が脳に与える影響があるようだ。
最新の研究によると、タバコを吸うと「快楽」に対する脳の反応が鈍るため、
さらにアルコールを求めるようになるという

 
・ラットにニコチンを与える → アルコールに対する興味が高まる

米ベイラー医科大学の研究チームはラットを使って、ニコチンとアルコールに
対するラットの反応を研究した。研究チームはまず、ラットにニコチンを与えた。
その15時間後、完全にニコチンが身体から抜けた状態でも、ラットのアルコールに
対する興味が高まっていることが判明した。
ニコチンを与えることで、長期的にアルコールに対する興味が
高まることが分かったのだ。
 
・ニコチンは脳の「快楽」に対する反応を鈍くする → もっと酒が欲しくなる

ニコチンを与えるとアルコールへの欲求が高まる背景には、両物質が脳に与える
影響がある。アルコールを摂取すると、脳内に「快楽物質」と呼ばれるドーパミンが
放出されて、脳は快楽を感じるようになる。同時に、アルコールは「快楽」に対する
反応を鈍くするという働きもする。要は、「快楽に対する免疫」がついてしまうのだ。

つまり、前回アルコールを飲んだときに感じた「快楽レベル」に達するためには、
さらに多くのアルコールを摂取しなければならなくなる。
これが、お酒を飲みだすとハマってしまう理由だ。

研究チームによると、ニコチンはこの快楽に対する反応をさらに鈍くする作用を
持つという。ゆえにニコチンを摂取すると、以前体験した「快楽レベル」に達する
ために、さらにアルコールを必要としてしまう
のだ。
 
・研究者「若いときにタバコを吸い始めると、後にアルコール依存に陥りやすい」
この「ニコチンを摂取する → より多くのアルコールを摂取する」という
負のループにはまってしまうと、なかなか抜け出せなくなり、いわゆる
「依存状態」になってしまう

また、専門家は「若いときにタバコを吸い始めると、後にアルコール依存症になる
リスクが高まる」
と注意喚起している。
http://rocketnews24.com/2013/07/26/353283/

嫌なループですね。酒、タバコとお金がかかって仕方ありません。
自分のように「ゲーム→パソコン」の永久ループも非常に不健康ですが。
何かいいループないかな。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

004647
ループ (角川ホラー文庫) [文庫]



コメント

  1. 名無し

    喫煙者って自己管理能力が低いんでしょ

  2. 名無し

    一日一箱以上吸う上司は全くお酒飲めませんが

  3. 名無し

    逆にタバコなんて口にしたこともない俺は普通にお酒好きなんですが

  4. 名無し

    じゃあタバコを断てば酒も止まるのか?
    違うだろ

  5. 名無し

    まあ総じて酒飲みにタバコ飲みは多いけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング