「はだしのゲン」 閲覧制限を撤回か-- 多数の反対意見を受けて | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「はだしのゲン」 閲覧制限を撤回か-- 多数の反対意見を受けて

Ph013304

松江市の「はだしのゲン」閲覧制限問題。
撤回になるかもしれません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



Ph013305

漫画「はだしのゲン」について、松江市教育委員会が同月、
市内の小中学校に閲覧制限を要請していたが、
要請の撤回を視野に再検討する方針を決めたことが、
20日までに分かった。
 
市教委などによると12年8月、
「はだしのゲンは間違った歴史認識を植え付ける」として
学校図書館からの撤去を求める市民からの陳情が市議会にあったが、
市議会は同年12月に全会一致で陳情を不採択としていた。
 
しかし市教委は、作中にある女性への暴行場面や
人の首を切る描写を問題視。同月中に市内の全小中学校に対し、
作品を図書館の倉庫などにしまい、
子どもから要望がない限りは自由に閲覧できない
「閉架」措置とするよう要請した。
要請は市の教育委員会会議で議論されずに、
市教委の独断で2度にわたり行われていた。

 
清水伸夫松江市教育長は20日までの取材に、
「手続き的にどうだったか調査する必要がある」と
要請に至った過程の問題点を指摘。
また、議会が陳情を不採択としたことや、
市内外から反発の声が多数寄せられていることを受け、
「今後は撤回も視野に、委員会会議の意見を聴いて再度検討したい」と話した。
 
22日には同会議が開かれ、閲覧制限が
議題として取り上げられる予定。
清水教育長は、「遅くとも月内に一定の結論を示したい」としている。 

だいぶオオゴトになってきました。
「自由に読めるように戻せ」派の署名の勢いを見ても如何にこの問題で
閲覧規制反対派が多いのかは分かりますが、同時に「松江市の判断は正しい」
とする賛成派も多くいます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130820-00000036-jij-soci

このニュースへのコメント
Ph013306
Ph013307
Ph013308
Ph013309
Ph013310
Ph013311
Ph013312
Ph013313

>「はだしのゲン」閲覧制限の前に、
スマホ禁止・LINE禁止・ネット環境禁止・コンビニ出入り禁止などが
先ではないのか?(笑)


コンビニはやりすぎかもしれませんが、
なんとなくこちらのほうが納得です。

この問題、結局どうなるのでしょうかね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

005592
「はだしのゲン」閲覧制限撤回もとめ署名、2日で6000人超!

005517
松江市教委「閲覧禁止ではない」 「はだしのゲン」閲覧制限に抗議続々、電話で1時間半抗議を続ける人も

images
(はだしのゲン問題) 乙武さん「俺も『容姿が過激で子どもに不適切』ってモザイクかけられちゃうかな」

jojo - コピー
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(数量限定生産 黄金体験 BOX)
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (通常版) (初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)



コメント

  1. 名無し

    俺も小学校の時何回も読んだなぁ
    何気に始めて読んだ漫画だった
    規制とか今の小学生が可哀想だわ

  2. 名無し

    日本の教育委員会は腐っている
    これじゃまともな大人にはならない

  3. 名無し

    小学生の頃は気持ち悪い物怖い物に進んで触れたがった
    今は逆に触れたいとも思わないけどその経験があるから学べたと思う
    子供は無知にしておいたら怖いことになるよ

  4. 名無し

    日本軍を過度に貶める部分 と 原爆を落とした加害者であるアメリカ に迎合する部分は問題。 

    意味が分からない精神構造。

    原爆の恐怖を伝えるのは良いが、ハーグ陸戦条約違反のアメリカに賠償を求めない姿勢はオカシイ。

    クレイジーだ。

  5. 名無し

    そもそもこの作者、戦争には行ってないだろ

  6. 名無し

    >>5
    そうです。行っていません。ずっと安全地帯に居ました。親もずっと安全地帯に居ました。

    しかし、自分の家族をアメリカの原爆によって失いました。突然、住んでいた場所が、危険地帯になり、この作者は驚きました。

    いきなり、アメリカに家族を奪われたのですから。

    ところが彼は「家族を奪ったアメリカ」に迎合し、事もあろうか「今まで平和を与えてくれた日本」を恨んだのです。

    彼が「生まれてから原爆が落とされるまで平和を守ってくれた人たち」を憎んだのです。そして、彼は「自分の家族を虐殺した犯人であるアメリカ」に媚びへつらったのです。

  7. 名無し

    ああ、作者は中国に行ってもいないのに、見たかのように日本兵の蛮行を描いてるよね。国を憎むどころか、招集され中国に送り込まれた兵隊をも侮辱してる描き方だよね。俺的には有害図書だわ。

  8. 名無し

    なんでもかんでも規制規制って・・・・・・・
    そのうち、マンホールとかも規制されそうだな 

  9. 名無し

     21世紀のインターネット時代にもなって、焚書坑儒かよ。なんか見識疑うわ
    日本のニュースだということを信じたくない。

    中華通信とか第三世界の国名がどこかに書いてあるんじゃないか?…ずっと探してしまったわ

    こういうことがあったのよって伝えるんじゃなくて、無かったことにしてしまおうという…
    この低民度。

     現実的に考証すれば多少強引な描写もあるが、物語として一繋がりにする為に入れた内容も
    当然あるだろうし、そんなものはあって良い。漫画なんだからさ、

     子供の受信能力がそんなに信じられないのかね?自分等でどんな風に教えてるのよ?

     漫画を漫画として、こういうこともあったのかもな!?そのぐらいを読み取れない子供しか
    育たない学校なら要らないですよ。

     皆さん見てください、今日日の学校では漫画すら読めない子供を育てているそうです。
    これが現状ですよ。

  10. 名無し

    >>8
    後半は完全なフィクションなのに、事実であるかの様に書いていれば問題だろ。
    >>9
    一貫性が無い。最初は本人の体験談。途中からタダの反日活動。

    質が悪いのが、作り話を体験した話であるかの様に偽装している所。少なくとも、小学生向けでは無い。

  11. 名無し

     話としての切り口が無かったら映画も小説も始まらなくてイロイロ困るよ。

    逆に、「これは完全に100%事実なんだ!」って信じる子供が出てくるのも同じぐらい困るけど

     まぁ俺等だってフロイトとか読めば、そっちの思想に一時的には傾倒するけど
    どこかでまたバランスとって戻ってくるわけで、99.999%の子供に関してもそうで、

     俺等も「はだしのゲン」読んだからといって、いろいろ読んだ漫画や映画の一つとして
    こういうお話の書き方もあったよね?ってちゃんと受け取ってるし、昔の子供=俺等なんだから
    今の子供もダイジョブよ

     それを単に読んじゃダメってのは情報の取捨能力を損なうわ

     ビートたけしの話だって、あの量を全部自分で体験してるわけ無いと思うんだよ。
    人の話って、また聞きで借りてきた話を多かれ少なかれ多少盛って話されるわけで
    その映画なり作品なりがどういう描き方してようがそれは
    まぁそれっていうスタンスが取れない子を純粋培養しちゃうってのもなんか怖いよね

     学校の先生って単なる社内則でしかない校則を法律より上だとか思っている方も居ますから。
    たえず世の中の常識からそういう閉鎖空間を監視しておくのも必要なんじゃないかなーと。

  12. 名無し

    はだしのゲンは「日教組推薦図書」。
    まずこの時点で、きな臭い。

    そして、極左の作者の思想がモロに反映されてるのが問題なんだろ。

    条件反射で偏ったレスすんな。

  13. 名無し

    米12
    >はだしのゲンは「日教組推薦図書」。
    >まずこの時点で、きな臭い。

    そりゃそうだ。

    松江で閉架措置になった部分は、共産党機関誌と日教組機関紙に連載されてた部分。
    ジャンプ連載部分は閉架措置になってないんだよ。
    マスゴミとサヨクどもは、こういう大事な点を伝えないけどな。

    ジャンプ掲載部分は、原爆投下から妹が死んで、でも焼け跡に植えた麦が芽吹く、ついでにゲンの髪の毛も生えてくるっつう内容で、右も左も、当時も反対派はごく少ない。
    まぁ、原爆に落下傘つけて投下したとか明らかな間違い描写はあるけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング