アップルの言う「プロ」の意味が微妙に変わってきている件 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

アップルの言う「プロ」の意味が微妙に変わってきている件

5t (2)

アップルの言う「プロ」の意味が微妙に変わってきている件。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



5t

ここ数年、アップルに捨てられた彼女になった気分で落ち込んでるプロは
多いだろう。棄てられたのは自分のせいじゃない。単に愛が冷めてしまったのだ。
アップルに気持ちを確かめたらきっと否定する。
だけど、これだけ態度に出てたら気づくなって言う方が無理というものだ。

Mac Pro: アップルで最もパワフルなMacだが、アップデートはイラつくほど遅い
物理的にも10億年ぐらい変わってない(もうじき変わるようだけど)。
皮肉なことに、このプロユーザー仕様のMacが、高速のThunderbolt接続に
対応してない唯一のMacとなった。
あのMac miniだってThunderbolt使えるようになって2年以上も経つ。

17-inch MacBook Pro:
言わずと知れた大画面ラップトップ。これぐらい面積ないと出先で仕事にならない
デザイナーとビデオ編集者に好評で必需品だったのに…廃止。がびょ~ん。

Final Cut Pro:
長らく待望のアップルのハイエンド動画編集スイートがついにきた!!…と思ったら、
プロ必需の機能がないし(マルチカム編集、EDLサポート、後方互換などなど)。
あれにはプロ編集業界も言葉を失った。いや、「言葉を失った」という言い方は
正しくないか…苦悶の叫びは今だに鳴り止んでいない。

Aperture:
最新バージョンリリースは2010年2月だ。そう、もう3年半も
メジャーアップデートがないのだ!
 
「その言い方はミスリーディングだ」と言われるかもしれないが、Apertureの
ライバル「Adobe Lightroom」は目に見えて進化を続けている。
あれと比べてしまうと、停滞感は否めない。

いやあ…もしかしてアップル、プロ市場を捨てる気なんかな? 
「まさか考えすぎでしょ」と言ってもらえたら嬉しいが、実はスティーブ・ジョブズ
自身も一度それを真剣に検討したことがあるのだ。

それはiMacが世界のベストセラーになった当時のことだ。
スティーブをまじえての広告代理店の定例会議でPro製品廃止してしまおうかな、
と言っていたのだよ
。理由は大体みなさんの想像通り。
コンシューマー向け製品にはメリットが無限にあるが、プロ向け製品はニッチな
市場が相手だから膨大なリソースを食われてしまうってことね。

これまでの流れを整理すると、アップルはプロ市場に対する考え方、
どうプロユーザーに奉仕するのが一番かという考え方を変えてしまった
のだろう。

それでアップルを離れる顧客もいるだろう(離れることを声高に言う人もいる)。
しかし、これで限界を押し上げてプロのコアなグループをハッピーにできれば、
それはそれでいいのかなという気もする。
アプリが突然理解できるようになって楽しく活用できるなら、もっと幅広い
ハイエンドの消費者を引き寄せられるかもしれないしね。

Mac Proはプロ全員を満足させる製品になるのか?それはたぶんない。
こんな円筒形じゃ棚に入らないじゃんとか、また内蔵のものを犠牲にして、
とか言われるだろう。

そういう人々から見れば、アップルはプロ市場から離れていくばかりだ。
だがそれは、全く新しい領域にアップルが足を踏み入れた、ということでもある。
プロのみなさんも一緒に行こうよと手招きしている。
創造・イノベーションを愛する人になら、それと同じ思いでデザインしたこの
超パワフルなコンピュータの良さがわかってもらえる、という方にアップルは
賭けているのだ(たぶん)。
http://www.gizmodo.jp/2013/08/post_12980.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss

スティーブ・ジョブズ死後、確かにアップルは微妙に変わってきています。
例えばiPhoneのカラー1つとっても、iPhone5Sでは数種類のカラーバージョンが
用意されると言われており、これは頑固なジョブズが存命中では難しい話
だったと言われています。(ジョブズはとにかく白と黒にこだわった)

違いのわかるユーザーだけを相手にというスタイルから、ライトなユーザーを
取り込む規格を色々用意し、間口は広がりました。
これを良い方向性ととるか良くない方向性ととるかはユーザーによって
意見が分かれている状況ですが、いまのアップルの方向転換は正しかったのか、
その答えはもう少し先になりそうです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph013239
ゴミ箱”新型「Mac Pro」 2013年秋発売へ! ティザー映像が公開

008033008034
スティーブ・ジョブズ I
スティーブ・ジョブズ II


コメント

  1. 名無し

    いまのアップルはジョブズ時代の名残りもない。彼はやはり偉大だった

  2. 名無し

    ジョブズはプライドを持って作ってたよな

  3. 名無し

    ジョブズの事をほめたたえすぎるのはどうかと思うがジョブズが消えてアップルが下がっているのは確か。

    私としてはやはりカラバリを増やしてほしくはないし、ジョブズの持っていた精神を受け継いで今後も運営してほしいところだが現場にいる人間は意見が違うのかもしれんな。

  4. 名無し

    Windowsじゃだめ?

  5. 名無し

    一般人と製作者で窓とりんごが住み分けできていた印象なんだけどなあ

  6. 名無し

    プロの製品を全部ライト層に開放すりゃいいんじゃね

  7. 名無し

    プロ用つくりながら初心者用に作るのって難しいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング