「ゲーム脳」論争終了のお知らせ 子供の発育に影響を与えるのは「ゲームやアニメ」より「基本的な生活習慣」と判明!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「ゲーム脳」論争終了のお知らせ 子供の発育に影響を与えるのは「ゲームやアニメ」より「基本的な生活習慣」と判明!!

index

子供の発育に影響を与えるのは「ゲームやアニメ」より
「基本的な生活習慣」と判明!!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



130528sarah

「ゲーム脳」という言葉を覚えているだろうか。
携帯やテレビゲームなどを長時間おこなう子どもは脳の前頭前野の機能が落ち、
ゲームをしていない時でも脳の働きが悪くなってしまうという。

この本の内容は、テレビゲームが子どもたちに与える影響を心配していた
保護者や一般の人々、科学者まで巻き込む一大論争となった。
とはいえデータの扱いに不備なども指摘され、さまざまな方面から批判もされている。
一方で「アニメ脳」「ネトゲ脳」などの派生後も生まれてきた。

ところで最近、「ゲーム脳」論争に新たなデータを付け加える研究が発表された。
RIETI(独立行政法人 経済産業研究所)の中室 牧子氏らによれば、
テレビやゲームの視聴時間は子どもの発達に若干の負の影響を与えるが、
それらは従来予想されていたよりもはるかに小さいという

「ゲーム脳」はやはり嘘だったのだろうか。

調査は2001年に生まれた子どもたちの元々の特性を考慮した上で、
小学校1~3年生における(1)家庭内外の問題行動、(2)学校への適応度合い、
(3)肥満の程度
を調べた。すると、テレビやDVD、ゲームの視聴が長くなると
問題行動や肥満が増えるが、その負の影響度は従来予想されていたよりも
はるかに小さいことが判明
した。もちろん過度にテレビを見る子どもについては、
負の影響は飛躍的に大きくなる。
 
一方でテレビやゲームよりも、子どもの発育に大きな影響を与える要因
明らかになった。それは早寝早起きやきちんと朝食を食べるという、基本的な
生活習慣
だったのだ。つまりテレビを見ていても、基本的な生活習慣が身について
いれば問題行動はみられない
ということだ。

当たり前の結果かもしれないが、朝ごはんをしっかり食べる子どもは成績が良い
というデータもある(農林水産省)。テレビゲームの悪影響を過度に心配する前に、
親や社会が取り組むべき課題は別のところにありそうだ

http://economic.jp/?p=25174

それでもまた何か子ども絡みの事件が起これば、その子どもの生活習慣が
劣悪だった場合、「基本的な生活習慣からして良くなかった」ではなく
「ゲームばかりやっている生活だった」→「ゲームが悪い」と言うニュースに
なって流れそう。
内容に嘘はついていませんが、ちょっとした印象操作も入ってますな。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 本当にいけない「注意しなかった親」は置き去り

Ph006383Ph006384
PS3:グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】 (数量限定特典: DLC同梱)
Xbox 360:グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】 (数量限定特典: DLC同梱)



コメント

  1. 名無し

    ゲーム脳さんざん言ってたのにな

  2. 名無し

    知ってた

  3. 名無し

    ゲーム脳団体さん、質問ある?

  4. 名無し

    ”DQNな親と家庭が増えて生活習慣が劣悪になったのはその親もゲームやマンガで育ったから。だから、やっぱりゲームやマンガがわるい”
    とか言いだしそう。

  5. 名無し

    現代人ほぼ全員終了のお知らせ
    基地外DQNやモンスター系の親なんて、存在してるだけで基本的な生活習慣から外れるわ

  6. 名無し

    「漫画で見た」「ゲームで見た」と言うが
    実際犯罪行為というハードルを越えちゃうのは
    人間として終わってる奴だけだからな

  7. o(`ω´*)o

    生活習慣が悪い=ゲームしまくってる。
    でないの?

  8. 名無し

    ゲームやってるやつは頭おかしいとかゲームやってるやつは犯罪を犯すとか言ってたクズざまぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング