パンドラバッテリーを1秒で作る方法解説 | あまえび速報

パンドラバッテリーを1秒で作る方法解説

5d81b910.jpg






なんだったんでしょう…( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



いったい今までの努力苦労は、なんだったんでしょう……。(-_-)…。



いきなり愚痴みたいな出だしになってしまいましたが、これは本当は

喜ぶべきニュースです。



今まで当ブログでは「パンドラバッテリー」に関する記事を、

かなり取り扱って来ました。



「基本的に1から作る方法」


「自動インストーラーを用意して最短手順でのバッテリー作成方法」、 

「販売サイトからの購入方法紹介」・・・。



まだまだありますが、全てにおいて言えることは、

PSPを改造する為、皆がパンドラバッテリーを求めた

と言うことです。



そしてその為に、皆が日夜時間やお金をかけて、努力してきたのです。



ですが、今回発覚した方法でそれらの努力は手間は   何一つ必要なくなりました。

結論から先に言います。もう一つの目玉機能、それは・・・、



あのパンドラバッテリーを、わずか1秒、

ワンクリックで作ってしまう新技術です。(`・ω・´)


▼パソコン環境いりません。
▼知識も時間もいりません


販売サイトから購入する必要もないので、1円たりともかかりません!(`・ω・´)








この素晴らしい機能を、もっと詳しく知りたくて独自に色んな

解説サイトを調査しました。



しかしながら皆、「パンドラバッテリーが作れる」の1行しか書いておらず、

実践した人は見られませんでした。

(すでにパンドラバッテリーを所有しているでしょうから、

リスクを考えたら当然かも知れません。)



でもホントに可能なのかどうしても、知りてぇ…(  ̄д ̄;)



そこで今回、人柱覚悟で「新方式パンドラバッテリー作成」

チャレンジしてみました。(`・ω・´)



今回のCFWのリリースがDark_Alex氏でないところが不安です。

最悪PSP壊れるかも知れません。

リリース直後で可能性大、勿論SONYの保証も受けられません…。_| ̄|○




以下、その調査報告です。人柱実験解説入ります!!(`・ω・´)



パンドラバッテリーを1秒で作る方法解説



準備物

○CFW3.93M33導入済みのPSP1台

○マジックメモリースティック(『Despertar del Cementerio v4』で

作られたもの推奨)



今回用意する物はこれだけです。特別なツールは要りません。



1・まずはCFW3.93M33導入済みのPSPにマジックメモリースティックでない

メモステ
と、ノーマルのバッテリーを取り付けます。



今回は新型PSPで、「純製のメモリースティックProDuo」と、新型PSP用の

薄型バッテリー『1200 3.6v』を使用してみました。



bb9d6ecd.jpg




ホームメニューから、SELECTボタンを押してリカバリモードを起動

します。



0b96f432.jpg




2・「Advanced」 から 「Make Pandora Battery」    を選び×で実行します。


5eaa64d7.jpg




3・下の方に

Pandora battery make with success
と表示されれば成功。



この1秒ワンクリックでパンドラバッテリーが完成しました(`・ω・´)

まじ、あっけないです。



4・あんまりあっけないんで、実際にこんなんで出来てるのか確認してみます。



検証 1


まずは「Back」→「Exit」でリカバリモードを終了し、電源OFF。



バッテリーを外しPSPの電源が落ちたところで、メモリースティックを

マジックメモリースティックに付け替えます。



心の準備が出来たら、今外したばかりのバッテリーを、そっとPSPに取り付けます。



すると…



自動的に電源が入り、パンドラバッテリーのメニュー画面が表示されました!



b7b629e7.jpg


1秒パンドラ、成功です!!(`・ω・´)


5・

検証 2


次は通常時も使えるように、ノーマルバッテリーに戻してみます。

再びリカバリモードを起動し、

Advanced」 から 「Make NORMAL Battery」    を選び×で実行します。



77e74925.jpg




同じように、

Pandora battery make with success
と表示されれば成功。やっぱりこれも1秒でした。



6・「Back」→「Exit」でリカバリモードを終了し、電源OFF。



バッテリーを外しPSPの電源が落ちたところで、マジックメモリースティックを

通常のメモリースティックに付け替えます。



前回と同じように、今外したばかりのバッテリーを、そっとPSPに取り付けます。



すると…



今度は電源が入りません!しかし、電源をスライドすると普通に

ホームメニューが表示されます!




922c9610.jpg




文句なし、1秒ノーマル化成功です!!(`・ω・´)



7・この他にもリカバリモードから、「Reset device」でワンクリックリセット。



「Configuration」→「Hide mac in the VSH system info」を「Enabled」で

 
マックアドレスの偽装 が可能になりました。
 


a47bb967.jpg




こんな感じで全て0表示になります。

表示偽装なので、ネット接続には影響ありません。




普段はあまり使わない項目かも知れませんが、ブログに写真を載せている

人などには嬉しい機能。

いちいち(個人情報の載っている)アドレスを写真加工で消す必要がありません。

(あれ、メンドクさかったんだ…(*´_ゝ`)


とにかく、今回のCFW3.93M33は多機能です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



アップデートをまだしてない人には、かなりオススメなアップデータと言えるでしょう。



以上、人柱実験報告でした。





お疲れ様。



注意:刻印C~HのPSPには対応してません




コメント

  1. DARK

    ノーマルバッテリーに戻すときには、
    パンドラ化されたバッテリーを
    MMSといっしょに入れてリカバリーを起動させてもどすのですか?
    それとも
    最初からノーマルバッテリーで
    リカバリーを起動させ、「Make NORMAL Battery」を
    押す前に一度スリープさせてパンドラと入れ替えて
    「Make NORMAL Battery」を押すのですか?

  2. ♪♪

    はじめまして、♪♪です。
    本題ですが、22OO 3.6の純正のバッテリーでもできますか?

  3. しょーた

    作った瞬間フリーズするんですが・・・

  4. 名無し

    できればマジックメモリースティックの作りかた教えてください

  5. あれ

    ぶっこわれた(涙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング