iPhone5sの指紋認証、さっそく破られる…「偽指紋」作成方法も!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

iPhone5sの指紋認証、さっそく破られる…「偽指紋」作成方法も!!

index

iPhone5sの指紋認証が、さっそく破られた模様。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



vlcsnap-2013-09-20-09h24m18s110_m

iPhone 5sに搭載された注目の指紋認証機能「Touch ID」ですが、ドイツの
ハッカーグループが偽指(偽指紋)を作ることでカンタンに突破できる方法を
公開しました。比較的簡単に入手できる材料を使って、手間を掛ければ
Touch IDを突破できてしまうようです。



まずは上の動画をご覧下さい。
手の震えが気になるところですが、とりあえずそこはツッコまずに。
動画では、最初に人差し指を使って指紋を登録するシーンが登場します。
もちろんこの時点で登録された指紋は無し。

次に「中指」に対して、作成した偽指紋を装着して認証を試みます。
1度目は認証に失敗しましたが、時間にして約3秒程度でカンタンに
突破されてしまいました。

THE VERGEが伝えている作成方法は、認証に使う指の指紋を2400dpiで
撮影する必要があり、撮影する際は警察の鑑識班と同じ手法を用います。
そのような道具もネットで販売されていますが、一般人が手軽に
検出する方法があります。

用意するのはガラス板(プレパラート)か薄いアルミ板、密閉できる小さな容器、
アロンアルファの3つです。ガラス板などに指紋を付けた後に密閉容器にガラス板を
入れ、容器内にアロンアルファを数滴垂らして密封。
1時間程度待つと、指紋がくっきりと浮かび上がっています。
詳しい方法は「シアノアクリレート法」「シアノアクリレート 指紋」などで検索。
当然ながら毒性があるので、容器を開封した際は目を近づけず、さらに中の空気を
吸わず、換気の良い場所で行うことが大切です。

指紋をセロテープなどで保護した後に解像度2400dpiでスキャナを使って
スキャン
します。Photoshopなどを用いて画像処理を行って指紋を強調。
さらに余分なゴミなどを除去します。画像を反転した後に、レーザープリンタ(白黒可能)
を用いて透明フィルム(市販されています)に1200dpiで指紋を印刷。

最後に、即座にトナーが転写された透明フィルムの上に、木工用ボンドか水性ラテックス
接着剤を塗布して固まるのを待ちます。こちらも換気の良い場所で行いましょう。

あとは固まった接着剤を剥がして指に貼り付けて認証を行うだけ。
まさに突破出来たからといって “誰得” な状況ですが、それよりも寝ている間に
指紋認証をされてしまうソーシャルハッキングの方が大きな問題のような気がしてなりません。
http://ggsoku.com/2013/09/iphone5s-touch-id-fake-finger/

1
iPhone 5sの指紋認証は「足の指」や「乳首」も登録可能!! 猫の肉球といいなんでもありだなwww

ネコの肉球でも、乳首でも認証できちゃいますからね。
「指紋認証」と聞くとさらに厳重なセキュリティなイメージが先行しますが
実際はそれほどアテにならないみたいですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
普通に暗証番号の方がいいような

19053b15-s
DARK SOULSII(通常版)
DARK SOULSIIコレクターズエディション


コメント

  1. 名無し

    網膜静脈耳紋
    やろうと思えばなんでもできるんじゃね?
    REDクラスのカメラを搭載すれば顔の模様?(指紋みたいなやつ)でできそうだが
    1台1億とかになりそうw

  2. 名無し

    つかココまでするならもはやiPhone関係無いだろ・・・

  3. 名無し

    今まで指紋認証のAndroidとかあったし、いまさら何が売りなのかわからない。

  4. 名無し

    アップル側もパスコードより少し安全としか言ってないから過信はいかんよな

  5. 名無し

    モンハン vitaにて発売。 http://psvita.mhf-g.jp/

  6. 名無し

    指紋コピー技術は既にあったんだがww

  7. 名無し

    指紋認証意味なかった

  8. 名無し

    これコナンの映画で高木刑事がやってたな

  9. 突破の仕方を思いつく奴の人間性がキモすぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング