現役マンガ編集者142名が選ぶ「この1年最も刺激的だったマンガ」 1位は佐野菜見「坂本ですが?」、「進撃の巨人」敗れる | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

現役マンガ編集者142名が選ぶ「この1年最も刺激的だったマンガ」 1位は佐野菜見「坂本ですが?」、「進撃の巨人」敗れる

007128 - コピー

現役マンガ編集者142名が選ぶ「この1年最も刺激的だったマンガ」
―1位は佐野菜見「坂本ですが?」。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



007128

株式会社ナターシャが運営するマンガニュースサイト「コミックナタリー」は18日、
「コミックナタリー大賞2013」受賞作品を発表した。

これはマンガ編集者が審査員となり、2012年7月~2013年6月の間に刊行された
単行本から100冊を選出するマンガ賞。(昨年は「マンガ秋100」と題し開催)。
今年度は呼ひかけに応した142名の現役編集者が、
「この1年で刺激的たった10冊」
を投票し、1票を1ポイントとして集計。
上位100冊(タイ順位につき実数106タイトルが決定した。

第1位に輝いたのは、25ptを獲得した佐野菜見「坂本ですが?」(エンターブレイン刊)。
作者の佐野さんは今回の受賞について次のようにコメントしている。

―佐野菜見コメント
私のような不届き者に光栄な賞をありがとうございます。
ダサカッコイイことをただひたすらしている漫画でしたが、担当さんから
「スタイリッシュ」の称号を頂けてからこの漫画の方向性が自分の中でも
明確に定まった気がします。

初の連載で毎回手探り状態でまだまだ技巧も拙いですが、これからも坂本君は
ダサくなどないスタイリッシュなんだと強い自己催眠をかけながら我武者羅に
描いていきたいと思います。
選んでくださった編集者様本当にありがとうございました。
 
その他の順位はつぎのとおり

―2位以下の順位と獲得ポイント

2位 19pt
「進撃の巨人」諫山創


3位 16pt
「亜人」桜井画門

4位 13pt
「かくかくしかじか」東村アキコ

5位 12pt
「暗殺教室」松井優征
「銀の匙 Silver Spoon」荒川弘

7位 9pt
「七つの大罪」鈴木央
「昭和元禄落語心中」雲田はるこ

9位 8pt
「きょうは会社休みます。」藤村真理
「ハイスコアガール」押切蓮介
「ボールルームへようこそ」竹内友
「喰う寝るふたり 住むふたり」日暮キノコ
「惡の華」押見修造

「コミックナタリー大賞」特設サイト:http://comic-award.natalie.mu/2013/
http://news.nicovideo.jp/watch/nw769711


人気や勢いでそのまま「進撃の巨人」がいっちゃいそうだったのですが、
1位は佐野菜見先生の「坂本ですが?」に決定。
実力ですね。おめでとうございます。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2
女子441人が選んだマンガに登場する「イケメン」 ベスト5!

006153
PS3:AKIBA’S TRIP 2 予約特典(1ドラマCD「ドキドキ温泉物語」、2スペシャルブックレット、3特典ダウンロードコード「スペシャル衣装」) 付
PS Vita:AKIBA’S TRIP 2 予約特典(1ドラマCD「ドキドキ温泉物語」、2スペシャルブックレット、3特典ダウンロードコード「スペシャル衣装」) 付 





コメント

  1. 名無し

    この漫画知らんわ

  2. からあげ 

    (;’A`)惡の華を2巻目まで借りて読んでたが、この漫画がどうしてアニメ化までされたのか、さっぱり解らなかった…これを楽しめる人はどこに面白みを感じ取れるんだ……

  3. 名無し

    坂本ですが?は一巻だけ読んだけど相当面白かった
    逆に進撃の巨人は最新刊まで見てるけど全然面白くない

  4. 名無し

    ここは普通「進撃の巨人」だと思うわな。俺もそう思ってたから意外

  5. 名無し

    進撃はもう宣伝の必要ないからだろ
    次だよ、次w

  6. 名無し

    坂本は2話で切った
    クソつまらん漫画

  7. 名無し

    坂本は金かけるほどの漫画じゃない。
    今のジャンプさくひんと
    悪花はストーリー漫画、物語を楽しむ漫画であってギャグとか絵にばかりこだわるものじゃない。
    一度は思ったことのある欲望にたいして深く深く、又その欲に対してどう主人公や周りは考えて行動していくのかというのを楽しむもの。

  8. 名無し

    今のジャンプ作品と同じく坂本は幼稚で小学生がすきそうな好きそうな漫画

  9. 名無し

    「坂本ですか?」この漫画は全てを網羅していますから素直に凄いと思っています。難しいのは不良たちの模写(場面)ですかね?意外にああいう場面で作者の実力(幅の広さ)が判明したりするのですよ。僕としては作者さんは見事に乗り切ったと思っております。

  10. 名無し

    「その欲に対してどう主人公や周りは考えて行動していくのかというのを楽しむもの」楽しむものではなく「思考するもの」なのではないでしょうか?

    >>8
    幼稚でしょうか?実はああいう行動が正解だったりすることも多いと思うのです。シリアスとギャグは相反しますが僕はシリアスよりギャグに重点を置いていきたいですね。

  11. 名無し

    ワンピースも坂本ですか?もそうだが売れる漫画というのは偏狭ではないという特徴があるな。万人に受けるというか全てを包括できる力を持っている。自分もそう言う人間になれるよう努力したい。

  12. 名無し

    >>2
    惡の花は7巻以降で作風が変わって、結構いい感じになる
    それまでは鬱とキチガイ度が半端ない
    個人的にはそれも面白かったけどね

  13. 名無し

    この手の記事になると専門家気取りの駄目だしで溢れるな

  14. 名無し

    亜人はまだなんとも言えないな

  15. 名無し

    進撃はアニメ化してさらに成功したって感じかな
    坂本ですが?は知らんかったわ

  16. からあげ 

    >>12 なるほど、つまり俺が楽しめてない部分(鬱部分その他イミフ部分)を楽しむべきなのか……あーなんかすげぇ映画のミストを見た後みたいな気持ちになってきたorz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング