1年半自分を恐怖に陥れたストーカーと結婚した女性「何があったのか?」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

1年半自分を恐怖に陥れたストーカーと結婚した女性「何があったのか?」

index(2)

1年半自分を恐怖に陥れたストーカーと結婚した女性「何があったのか?」。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



be7b566e2fbee146b36b7917d0d9aba2

別れたその日からストーカーとなった元カレ。1年半もの間苦しみ警察にまで
お世話になったのにそのストーカーと結婚する事になった女性の話


37歳のカレン・ミラーさんは1年半もの間、ひどいストーカー行為に合い
ほんの少しの物音にもビクリとし、一日中後ろを振り返り夜も眠れない
恐怖の日々を過ごしました。

別れた彼からのストーカー行為が始まったのは、カレンさんが別れを告げてから
すぐでした。1日50回も電話がかかり、四六時中見張っているという内容の
メールに身震いし続けました。

彼女には幼い娘がいましたが、娘にも危害を加えるというような内容の
メッセージも受けました。実はこのストーカーはカレンさんの娘の父親でもあり、
もともとはカレンさんとも婚約をしていた男性なのでした。
が、子供も生まれたというのに結婚もせず遠距離恋愛だけが続いたため、
カレンさんから別れを告げたのでした。

ある日カレンさんが就寝する際部屋の電気を消すと、「これから寝るんだね」という
メールがすぐに携帯に届きました。

カレンさんは再度警察に相談し、それからどこに行くにも警察がついて回るようになり、
彼女は引っ越しをして身を隠す事を決めたそうです。引っ越ししてからは静かな日々が
続き、カレンさんも安心して生活をすることができるようになりました。

しかしそれからしばらくして突然彼から電話がありました。これまでの言動への謝罪と、
娘との面会を求める内容でした。今彼に会う事が正しいのか考えるより先に、
カレンさんはオーケーの返事をしていました。

それから何度か娘に会いにくる彼と時を過ごし、本当に落ち着き娘にもよくしてくれる
彼にまた惹かれるようになりました。

反対する家族の心配をよそに、カレンさんは生まれ変わった彼の事を信じることに
しました。そして彼自身も、過去を振り返り2度と同じ事が起きない事を誓ったそうです。
それから6ヶ月後、彼はカレンさんにプロポーズし、結婚する事になりました。

恐ろしかったストーカーを変えたのは何だったのでしょうか。
自分が大切だと思っている人たちが、自分から身を守るために警察に警護されている
姿を見た時にショックを受け、目が覚めたのだそうです。
その時彼は自分のやっていることにやっと気づき、反省したのだそうです。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw766789

こんな例が美談として語られると、「そうかやっぱりがんばれば」なんて
勘違いしてしまうストーカーさんが増えそうで、あまりよろしくないですね。

あくまで今回のは“ニュースになるほど特殊な例”ということをまず第一に
考えることが大事。ストーカーは犯罪です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph012234
ダンガンロンパ1・2 Reload 初回特典「ダンガンラジオCD 超高校級のスペシャルエディション」 付



コメント

  1. 名無し

    簡単な洗脳方法なんじゃない?

    恐ろしかったものが急に優しくなる…
    みないな。
    それを繰り返せばいいんだが…
    今回は繰り返してないか…

  2. 名無し

    いや、こういうタイプの人間は、目的が達成されてしまうと急激に冷めるよ
    また次の獲物をストーキングするはず。ってかすぐ離婚すると思う

  3. 名無し

    心が折れて、少しの優しさが素晴らしく見える。

    洗脳でしょ?
    日本の宗教団体が、勧誘のためによく使う手じゃないか

  4. 名無し

    >あくまで今回のは“ニュースになるほど特殊な例”と考えろ

    そう、そのとおり

  5. 名無し

    ストーキング行為そのものが目的で、獲物を追い詰め苦しめる行為それが快感なのだから

  6. 名無し

    これもストックホルム症候群か?

  7. 名無し

    悪人が極普通の行いをするだけで過剰に評価されるアレか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング