愛犬にニセの介助犬用ベストを着せて飲食店に連れていく飼い主が急増中 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

愛犬にニセの介助犬用ベストを着せて飲食店に連れていく飼い主が急増中

s_Ph001014

愛犬にニセの介助犬用ベストを着せて、
飲食店に連れて行く飼い主。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


Ph001013

障害を持つ人たちの役に立ってくれる犬の代表といえば盲導犬だが、
今では盲導犬のほかにもさまざまな介助犬が活躍している。
とりわけアメリカでは、戦争でメンタル面に傷を負ってしまった
兵士や退役軍人の生活をサポートする介助犬が増えている。
介助犬は盲導犬と同様、飲食店にも入れることになっているが、
最近、これを悪用するケースが目立つようになってきたのだとか。

戦争で障害を負った退役軍人や兵士に介助犬を
無償で提供しているNPO、〈Guardians of Rescue〉(本部ニューヨーク)の
代表Robert Misseri氏によると、障害を持っているわけでもないのに、
愛犬を飲食店に連れていきたいがために、
ペットにニセの介助犬用ベストやIDカードを着用させる飼い主が
増えている
というのだ。そういった飼い主たちは、
「私はPTSD(心的外傷後ストレス障害)で、この犬は介助犬です」と
告げるだけで犬と一緒に店に入れてしまう。

しかし、しかるべきトレーニングを受けていない犬がテーブルの下など、
狭い空間に入れられれば騒ぐ場合もあるし、
来店している本物の介助犬に吠えかかったりする場合もある。
その結果、飲食店側が介助犬の入店を拒むようになり、
本当に介助犬のサポートを必要としている人たちが
公共の場から排除されるという問題が起きている
のだ。

実際、オークションサイトの〈eBay〉ではニセの介助犬用ベストや
IDが29ドルから149ドル(約3000円~1万5000円)で大量に売られている。

〈Guardians of Rescue〉では、ニセの介助犬の取り締まりを行っており、
今後は飼い主の名前を公表することも考えているそうだ。
Misseri氏は、こうした不正に対する何らかの規制が必要だと主張し、
「システムを悪用している人たちは、
自分の良心を見つめ直すべきだ」と訴えている。
http://irorio.jp/kondotatsuya/20130916/77751/

マナーのなってない飼い主のエゴのせいで、
本当にサポートを必要としている人まで 
排除されるのはいただけませんね。
ていうか、よく思いつきますね、こんなこと。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

s_Ph001008
「風呂の時間だあああああ!」お風呂が好きすぎてテンションマックスなダックスフント兄弟 

Ph014428Ph014429
グランツーリスモ6
グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリ-ボックス-  



コメント

  1. 名無し

    まー屑は何処にでも居る、ここにも

  2. 名無し

    犬を飼っていてまともな人はほんのわずか。
    ほとんどの奴が自己中心でまわりの迷惑を考えない奴ばかり。
    しつけをせずに吠えさせ放題だし、今回のような非常識な事も平気でする。
    虐待や捨て犬・捨て猫等も問題になってるのでペットを飼うのも免許制にして登録と躾と予防接種等の病気対策を義務付けるべき。
    ペットを飼うなら躾も含めて最後までちゃんと面倒を見る事が出来て社会的常識を理解する事が出来る人のみにして欲しい。
    最近は人間の側も躾がなってないから最悪だ。

  3. 名無し

    そのうち日本にも来るだろうね。
    その場合どうするんだろうね。

  4. 名無し

    障害者でもないのに障害者マーク付けた車が横着駐車するのもにたようなもの。

  5. 名無し

    私はPTSDですって健常者なのにそれでいいのかww

  6. 名無し

    犬は知らんが日本にもいるだろ
    障害者のふりして金貰ってるの

  7. 名無し

    偽の介助犬は発見し次第殺処分、ってなったら馬鹿なことはせんだろ。

  8. 名無し

    飼い主に障害があるのは事実のようだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング