ファンタジー映画 超大作 「ホビット 竜に奪われた王国」 2014年2月28日に公開決定!3部作になった指輪を巡る物語の第2章!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ファンタジー映画 超大作 「ホビット 竜に奪われた王国」 2014年2月28日に公開決定!3部作になった指輪を巡る物語の第2章!!

003833

ファンタジー映画 超大作 「ホビット 竜に奪われた王国」 2014年2月28日に公開決定!
3部作になった指輪を巡る物語の第2章!!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




22477

ピーター・ジャクソン監督の映画「ホビット」シリーズの第2弾が、2014年
2月28日に国内公開されることが決定した

また、原題では『The Hobbit: The Desolation of Smaug』とされるタイトルは、
邦題では『ホビット 竜に奪われた王国』とされた。
本編で登場する竜のスマウグとの闘いをより直接的に伝える。
本作は2013年12月13日に公開された『ホビット 思いがけない冒険』に続くものだ。
3部作の第2章にあたる。

映画「ホビット」シリーズは、英国の小説家J.R.R.トールキンによるファンタジー
『ホビットの冒険』を映像化している。J.R.R.トールキンの作品では、すでに『指輪物語』が、
『ロード・オブ・ザ・リング』として2001年から2003年まで3部作で映画化された。
これが世界的な大ヒットを獲得した。

『ホビットの冒険』は、この『指輪物語』の前日譚にあたる。
『ロード・オブ・ザ・リング』の壮大な物語の中心となった“一つ指輪”が、なぜホビットの
ビルボの手に渡り、ホビット庄に持ち込まれたのかの顛末を描く。

監督となったピーター・ジャクソン監督は、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続く登板となる。
『ロード・オブ・ザ・リング』と同様、原作の世界観を見事に表現した。
シリーズは当初、前編後編の2部作を予定していたが、制作開始から間もなく、
より壮大な3部作に変更された。今回はその第2部にあたる

第3部『ホビット ゆきて帰りし物語 (原題)』(The Hobbit: There and Back Again)は、
米国では2014年12月17日に公開される。勿論日本の公開も期待していいだろう。

『ホビット 竜に奪われた王国』では、前作に続き最新のVFXで、中つの国の
ダイナミック、そして幻想的な様々なシーンが映像となる。主人公のホビットのビルボ、
魔法使いのガンダルフたちは、巨大な竜スマウグに奪われたドワーフの王国を
取り戻すため冒険を繰り広げる。

『ホビット 竜に奪われた王国』
2014年2月28日(金)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他全国ロードショー
http://animeanime.jp/article/2013/09/07/15467.html



個人的に第一作はもう見たのですが、そうですか3部作になりましたか。
全体的にファンタジー色たっぷりの映画で、最新のVFX映像は見ごたえアリ、
お話はファンタジー物が好きな人、「ロード・オブ・ザ・リング」が好きだった人には
文句のない内容でしょう。
ただ個人的にはちょい言い回しややり取りが、子ども向けっぽい感が強すぎるなー
的な感想でした。まぁ、ファンタジーだから、それでいいんですけどね。
第2作も楽しみ、もちろん見ますよ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph012234
ダンガンロンパ1・2 Reload 初回特典「ダンガンラジオCD 超高校級のスペシャルエディション」 付


コメント

  1. 匿名

    >本作は2013年12月13日に公開された『ホビット 思いがけない冒険』に続くものだ。
    >2013年12月13日

    いつの間に今年が2014年になったのだ・・・

  2. 名無し

    ウィローだろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング