機嫌が悪いときほど人はクリエイティブになるという研究結果 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

機嫌が悪いときほど人はクリエイティブになるという研究結果

s_1

人はイライラしている時ほど、クリエイティブになれる!?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


2

大概、気分が良いときの方がクリエイティブになれそうな気がしますが、実はその逆のようです。
多少怒ったりイライラしているときの方がクリエイティブになれるという研究結果がありました。

つまり、ブレインストーミングのような作業は
イライラしていてもそのままやってしまった方がいいということです。

ではこれを、どうやって自分の生活や仕事に応用すればいいのでしょうか?
David氏の他の研究では次のような結果が出たようです。 

ネガティブな気分の方が集中ができます。過去の研究でも、
ネガティブな気分は特定の仕事に集中したり、
その仕事を長い間続けたりするのを助けるということが分かっています。

何かを拒否されたようなときは特にそれが顕著です。
おそらく、ネガティブな感情は仕事を長く続けるのに役立ち、
その結果直面した問題について深く考えられるようになり、
より良い解決方法が生まれるということなのでしょう。

このことが本当なのかを確かめるため、
被験者グループにポジティブでもネガティブでも構わないので、
自分の人生における何か大きな出来事を書いてもらうように頼み、
その後、ブレインストーミングでできるだけたくさんのアイデアを出してもらうことにしました。
 
3

すると、最初にネガティブな出来事について書いた被験者の方が、
より多様で独創的なアイデアを出しました。
自分が過去に経験したネガティブな感情が、
気分が良いときでも問題に対する集中力を上げ、
より良いアイデアが出たのだと思われます。

さすがに、何かクリエイティブな仕事に取りかかる前に
嫌な気分になるようにした方がいいとは言えません。
ただ、その方が良い仕事ができるというのは確かなようです。

気分が良くないときや、仕事に追われて時間がないときというのは、
何かを長時間掘り下げて考えるのに一番。
つまり、最悪の気分の時に、最高の仕事ができるかもしれないということなのかもしれません。 
http://www.lifehacker.jp/2013/09/130903bad_mood.html 

なんと。イライラしていたほうがクリエイティブになれるという結果に。
しかし、ずっとイライラしてても体に毒なので、
たまにはリフレッシュを。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

s_1
小6女児「暑くてイライラして」 自宅放火 

006153
PS3:AKIBA’S TRIP 2 予約特典(1ドラマCD「ドキドキ温泉物語」、2スペシャルブックレット、3特典ダウンロードコード「スペシャル衣装」) 付
PS Vita:AKIBA’S TRIP 2 予約特典(1ドラマCD「ドキドキ温泉物語」、2スペシャルブックレット、3特典ダウンロードコード「スペシャル衣装」) 付 



コメント

  1. 名無し

    これなんとなくわかる
    すごく深いこと考えるのいつもストレスマッハな時だ

  2. 名無し

    >>1 大変そうだなぁ~俺は全然経験ないわ。

  3. 名無し

    違うわ
    クリエイティブなことをしてる時にイライラが多いだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング