若い男性の「更年期障害」が増加 専門医「不安やイライラ、慢性的な疲労感、性欲が減退しているなどの自覚がある人は要注意です」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

若い男性の「更年期障害」が増加 専門医「不安やイライラ、慢性的な疲労感、性欲が減退しているなどの自覚がある人は要注意です」

index

若い男性の「更年期障害」が増加。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



kd4y.png

50歳前後の女性が悩まされる「更年期障害」だが、実は男性でもかかる人はいる。
それが「男性更年期障害」(LOH症候群)だ。

「更年期障害というと熟年女性がかかりやすい病気として知られていますが、
実は男性にも更年期障害は存在します
。症状は大きくわけて精神面と肉体面の
2種類が挙げられます。精神面では不安、イライラ、抑うつ、不眠、集中力・
記憶力の低下など。肉体面では筋力の低下、慢性的な疲労感、ほてり、
発汗、頭痛、めまい。そして男性の性の根源をつかさどる性欲の減退、
ED(勃起不全)などの症状が起こります


女性の場合は、卵巣機能の低下が要因とされているが、
男性の更年期障害はなぜ発症するのか?

「男性更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の数値が下がることによって
発症します。テストステロンは男性が本来持っている闘争本能や競争心、
性欲などを刺激する物質なのですが、これが低下するとおのずと先の機能が
下がってしまうのです」

さらに問題なのは、近年、更年期障害とおぼしき症状を訴える
20代から30代の若い男性が増えている
ことだ。

「基本的に男性ホルモンの分泌量は加齢によって下がっていくものですが、
最近の研究ではストレスによっても低下するといわれています。つまり、
若くても度重なる徹夜や睡眠不足、暴飲暴食など食生活の乱れ、
職場での人間関係などによって男性ホルモンの数値が下がってしまう
のです」

ストレスの少ない生活を送ること、それが男性更年期障害を
予防する最善策になるそうだ。
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/10/16/22517/

ブラック企業勤めの若者、大ピンチじゃないですか。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph012940_s
ぶっちぎりィ!!! 『ブラック企業大賞2013』 文句なしでワタミが1位!wwwwww

xy (3)xy (4)
ポケットモンスター X
ポケットモンスター Y



コメント

  1. 名無し

    1余裕

  2. 名無し

    2余裕

  3. 名無し

    男性ホルモンの数値が下がるってことはハゲ回避につながるのか

  4. 名無し

    更年期障害の症状と抜け毛が同時発生しとるが(号泣

  5. 名無し

    過去のトラウマが原因で興味ないものを幻聴や幻覚でて辛いけど
    こんなの自分じゃないという意思と席替えであった好きな人を忘れないプライドと
    会いたい気持ちで人生を頑張ってる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング