(読書の秋) リラックス、快眠・・・ 読書がもたらす6つの健康効果とは | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(読書の秋) リラックス、快眠・・・ 読書がもたらす6つの健康効果とは

Ph016987_s

本読みましょう!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



Ph016988_s

読書がもたらす健康効果について
その科学的根拠と共にご紹介しよう。

1.読書をするとリラックスできる
英サセックス大学デイビッド・ルイス博士が2009年に行った調査で、
音楽鑑賞やコーヒーや紅茶、散歩などのリラックス法を押しのけ、
読書がもっとも効果的なストレス発散法に選ばれた。
ページをめくり始めてわずか6分で、
被験者たちの心拍は落ち着き筋緊張もほぐれたという。

2.読書は脳をシャープに保つ
平均年齢89歳で亡くなった294人の被験者の脳を調べたところ、
若い頃や年をとってから読書などで頭を使っていた人ほど、
記憶力の低下が抑えられていたことが判明。
「特に高齢になってからの読書は精神的退化を32%遅らせ、
逆に頭を全然使っていないと精神的退化が48%加速する」と
米ラッシュ大学ロバート・ウィルソン博士は述べている。

Ph016989

3.アルツハイマー病を予防する
ロバート・P・フリードランド博士が2001年に実施した調査で、
読書やパズルなど日頃から頭を使った趣味を持つ人は
アルツハイマー病にかかるリスクが低いと判明した。

4.読書をするとよく眠れる
心を落ち着け、自然に目が閉じるように寝る前に読書を薦める専門家は多い。
デジタル機器は体に「起きろ」と命じてしまうので、
寝る前はパソコンやスマホではなく読書がお薦め。

Ph016990_s

5.良書にハマると共感力が高まる
今年1月オランダの研究者が、学術誌『PLOS ONE.』に
フィクションの物語にどっぷりハマると共感力が
高まるとの論文を発表している。また実験により、
1週間コナン・ドイルやジョゼ・サラマーゴを夢中で読んだという被験者は、
物事により深く感情移入できるようになったとも。

6.自己啓発本はうつ病予防になる
自己啓発本は本当に読者の助けになることが、
英グラスゴー大学クリストファー・ウィリアムズ女史の調べで明らかに。
また英マンチェスター大学の調べでも、
深刻なうつ病患者ほど自己啓発本などの効果が
期待できる旨を明らかにしている。
http://irorio.jp/sousuke/20131016/82138/

読書の秋、食欲の秋、運動の秋、芸術の秋。
どうしてもゲームの秋になってしまいがちですが(いや年中か)、
読書は脳と健康にいいので、読みたい本を探して
ぜひ読書にふけってみては。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

1eefa60d
モンスターハンター4


コメント

  1. 匿名

    1余裕

  2. 名無し

    WHEEEEEEE!

  3. 名無し

    毎日欠かさず「えび速」を読むようになってから
    オチンチンが大きくなった気がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング