死亡することもあるペットから感染する病気6選が怖すぎる・・・ 「ノミ・ダニ」「猫ひっかき病」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

死亡することもあるペットから感染する病気6選が怖すぎる・・・ 「ノミ・ダニ」「猫ひっかき病」

images

死亡することもあるペットから感染する病気6選が怖すぎる・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




DSCN1775-1

■1:ノミ感染症
ペットを飼っている人にとって最もポピュラーな病気であるノミ感染症。
犬や猫についたノミが人を刺すことがあります。刺された際にノミの唾液が
原因となり、蚊に刺された場合よりカ強いかゆみを引き起こします。

ノミはペットが外でもらってくることがほとんどですので、ノミ駆除の滴下剤を
使用するか、室内飼いにすることで防ぐことができます。
ノミが勝手にわくことはありません。

■2:真菌症
真菌症は、白癬(はくせん)などともいい、カビに感染しているペットに触る
ことにより感染し、皮膚病を起こします。ペットの皮膚が白っぽくカサカサしていたら
動物病院でチェックを受けてください。人間は皮膚科を受診し、ペットが皮膚糸状菌症
の治療中であると伝えてください。

■3:トキソプラズマ感染症
トキソプラズマ感染症は、抗体を持たない妊婦さんが感染すると、
流産等を起こす場合があります
。妊娠後、産婦人科に行くとトキソプラズマの
抗体の有無を調べる場合が多いです。猫の便から感染しますが、いくつかの
条件が組み合わさらないと感染しません。

また、猫の便だけでなく豚肉の生食のほうが、感染確率が高いと言われています。
妊婦の方が豚肉を食べる際は、よく焼いてから食べてください。

■4:疥癬(かいせん)

疥癬は目に見えない小さいダニが、犬や猫に皮膚病を引き起こします。
感染している野良猫を飼うと、人間も腕の内側やお腹など皮膚のやわらかい部分に
症状が出る場合があります。
ペットを治療すると人間は自然治癒する場合が多いですが、かゆみが生じたら
念のため皮膚科の診療を受けたほうが良いでしょう。

■5:猫ひっかき病

猫にひっかかれり、かまれたりした際に患部から感染を起こし、その近くの
リンパ節が腫れたり、発熱したりします

ひっかかれるのを避けるため、怒っている猫には近づかないようにしましょう。
野良猫だけでなくペットとして飼われている猫でも、爪や口腔内には悪い菌が
多いので注意が必要です。

■6:カプノサイトファーガ・カニモルサルス感染症

犬や猫の口腔内の常在菌で、かまれたりひっかかれたりした際に傷口から侵入します。
免疫力の下がっている方が感染し死亡した例もあるので、過度の接触は要注意です。

■ペットからの病気の感染を予防する方法
(1)ペットに触った後やトイレ掃除をした後は手を洗う
(2)ペットに口移しで食べ物をあげない
(3)ペットと一緒の布団で寝ない
(4)新しくペットを飼う場合には自宅に慣れたころに、便持参の上、
動物病院にて検診を受ける
(5)犬や猫の爪は定期的に切る
http://wooris.jp/archives/54750

自分も猫飼ってますが、この夏は猫の運んできたダニ・ノミにやられました。
可愛いので、つい過剰に接してしまいがちなんですが、やはり節度と知識は
必要ですね。来年は虫対策万全でいきたいと思います。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

IMG_0261
余命一週間だった”ねこえび”がお母さんになりました・管理人ブラブラ23

xy (3)xy (4)
ポケットモンスター X
ポケットモンスター Y



コメント

  1. 名無し

    動物なんてカワないのが一番

  2. 名無し

    猫に引っかかれて怪我をするのは甘え
    ちゃんとツメを切ってれば蚯蚓腫れで済む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング