昼休みは自分の意志で自由に過ごすことが疲労回復、生産性の向上につながることが判明 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

昼休みは自分の意志で自由に過ごすことが疲労回復、生産性の向上につながることが判明

s_20130222164622_5127224e81fb2

昼休みは、自分の意志で自由に過ごすことが疲労回復、生産性の向上につながることが判明。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


7b6bce5c

なんとなく惰性で同僚と一緒にお昼を食べている、
社食へ行っている、食べ終わったら、成り行きで
そのまま雑談をして過ごしている、
でも本当は昼休みぐらい好きに過ごしたい、
独りのほうがいいと思っている人も多いのでは? 
もし自分がそうしたいと思うなら、やっぱりそうしたほうがいい。

カナダのトロント大学ロットマン校、John Trougakos准教授らの
調査により、昼休みをいかに「自由に」「自主的な選択」で
過ごすかで、1日の疲労度が変わることが分かった。

北米の大学に勤務する事務系職員を対象に、
10日間、昼休みをどのように過ごしたかを尋ね、
毎日、終業時にその人の疲労具合がどの程度か、
同僚に評価してもらうという調査を行った結果、
昼休みに好きなことをして過ごしていた人の疲労が
最も低く、昼休みも仕事をしていた人の疲労度が
最も高くなる傾向にあることが分かった。
ただし、昼休みに仕事をしていても、
「仕方なく」「やむを得ず」ではなく、
自分がそうしたいと思って、
自由意志でそれを選択している場合は、
疲労度が低いことが分かった
のだ。

重要なのは、同僚と過ごすにしろ、
独りで過ごすにしろ、仕事をするにしろ、
自主的に、自分の自由意志で選択しているかどうかだ。

皆で一緒に昼食をとることでえ、スタッフの絆を強めたい、
昼休みをそのような機会にしたいと考える上司や
管理職もいるだろう。スタッフ全員がそうしたいと
思っているならいいが、「参加しなきゃ」「皆に合わせなきゃ」と
プレッシャーを感じているスタッフがいるなら、
それは逆効果になる。
また、職場や職種によっては、「思うように外に出られない」
「昼休みといっても、電話は取らなきゃいけないし、
来客はあるし、休んだ気にならない」というケースもあるだろう。
しかし、労働の疲労から回復する機会を与えない組織は、
生産性や効率性が低下するリスクが高くなる
と、研究者は指摘する。

昼休みの過ごし方になんとなくストレスを感じている人は、
パフォーマンスを上げるためにも、
勇気をもって「自由な」選択をしたほうがよさそうだ。
今回の研究結果は学術誌『Academy of Management Journal』に発表される。
http://irorio.jp/kondotatsuya/20131012/81218/ 

さすがに、昼休みくらいは自由に過ごさせてほしいですよね。
たまには、自由に過ごしても良いのではないでしょうか。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 

index
パソコンの前でご飯を食べると太りやすいうえストレスがたまるという調査結果 

xy (3)xy (4)
ポケットモンスター X
ポケットモンスター Y 



コメント

  1. 名無し

    お前らは年がら年中昼休みだろ

  2. 名無し

    つまり、ポジティブならおkってことでよろしい?

  3. 名無し

    昼飯食べてゆっくり昼寝してるから午後も割としっかり仕事できるぜ

  4. 名無し

    なにこれ当たり前のことしか書いてないんだが・・・

  5. 名無し

    ずっとシフト制で休憩を取る仕事だから会議とかに出席した時のまとまって休憩とるのがいまだにストレスに感じる。

  6. 名無し

    こちとら大の大人が昼休みにMH4で大盛り上がりってことでおk?

  7. 名無し

    ぼっち飯大勝利

  8. 名無し

    俺の上司に言ってやってくれ。
    店長がいないときに20分以上休憩取ると、監視カメラのない場所でいやみをぐちぐち言ってくるぜ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング