PS3「BEYOND:Two Souls」 海外レビューが到着!「傑作」と満点をつけるサイト、「全体のデキは良くない」と低評価をつけるサイトで意外にも評価が割れる!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

PS3「BEYOND:Two Souls」 海外レビューが到着!「傑作」と満点をつけるサイト、「全体のデキは良くない」と低評価をつけるサイトで意外にも評価が割れる!!

BEYOND:Two Souls (4)

2013年10月17日発売予定、話題の新作PS3「BEYOND:Two Souls
海外レビュー速報版が到着!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



eri6.jpg

Digital Spy 5.0/5.0
『Beyond: Two Souls』は、ビデオゲーム史に残る痛烈で魅惑的な物語であり、
映画や文学の傑作に匹敵するほどの感情的深みを備えている。

プロットとカットシーンが最大の強みだが、PS3でも最高レベルのグラフィックや
オリジナリティも考慮すると、Quantic Dreamの傑作は一級品と呼ぶに相応しい。

Cheat Code Central 4.6/5.0
グラフィック 4.8: 脅威の技術力
操作性 4.3: 洗練されているものの、『Heavy Rain』の影響は明白
音楽/効果音/ボイスアクト 5.0: 感動的で魅惑的、感情を揺さぶる素晴らしさ
バリュー 3.5: 考えるよりも操作する感動的な物語を形作る複数のエンディング

この世界から次の世界へと行く時に何が起きるのか。最後には何が――
何かが存在するとすればの話だが――我々を待ち受けているのか。
誰もが持つそうした疑問への答えを『Beyond: Two Souls』が提供してくれるとは
言えないが、ゲーム業界における物語の方向性に関して、今までとは異なる
意見を持つであろうことだけは言える。

Quantic Dreamはまたしても銃をバンバン撃ったり、暴力犯罪を犯したり、
薄着の女性だけがゲームでないことを証明した。Quantic Dreamの開発
チームは、ちゃんとゲームを作れば、数年経っても忘れがたい体験を
生み出すことができると証明している

それだけでも、最高のゲーム体験を提供し続けようとするゲーム業界が
大好きだし、『Beyond: Two Souls』はその最高の例である。

GameSpot 9.0/10
良い点:
・徐々に個性が明確化する描き込まれたキャラクター
・人間の凋落を掘り下げる地に足の着いた物語
・Jodieの苦境にプレーヤーを引き込む操作性
・望むようにJodieとAidenを発展させることができる選択

『Beyond: Two Souls』は引き込まれるアドベンチャーで、超自然要素に
埋もれてしまうこともない。怯える少女から自信満々の大人へと成長する
Jodieの成長物語には魅了されるし、彼女の苦境に参加するにつれて
感情移入させられる。

物語最大の欠点は、ドラマチックな場面の扱いだ。
過剰な音楽が感情を無理強いしすぎるきらいがあり、これは素晴らしい演技だけで
充分なことを考えると非常に残念だ。一流の演技によってキャラクターたちには
真実味が備わり、その表情も台詞無しで感情が伝わってくるほどだ。
『Beyond: Two Souls』は物語とメカニックをいとも簡単に融合させており、
若き女性とその異常な人生に夢中になるだろう。

EGM 7.5/10
あまりに焦点の定まらない脚本のせいで、『Beyond: Two Souls』の物語が
アクセル全開になることは一切ないが、David Cage氏の最新作は、
彼独特のインタラクティブ・ストリーテリングのファンならば、チェックする
価値があるだろう。

GamingTrend 65/100
良い点:
・驚異的な技術力
・安定して素晴らしい演技
・ビデオゲームにしては良く出来た物語・・・
 悪い点:
・・・だが、それではもう充分ではない
・プレーヤーの関与は最終的に無意味
・安易な感情トリックを用いる

全体的に、『Beyond: Two Souls』の物語はビデオゲームにしては悪くない。
考えてみると、これは実に悲しい言い回しだ。
ビデオゲームにはより優れた物語に値するが、それはこのゲームからは
得られない。確かにQuantic Dreamは通常なら映画でしか扱われることのない
題材に取り組んでいるものの、優雅さ、繊細さ、品が欠けている

技術的には素晴らしく、これほどまでのグラフィックやフェイシャル・キャプチャーは
殆ど見たことがないレベルだが、ここまで物語に重きを置くなら、その出来が
素晴らしくなければならない。率直に言って、良い出来ではないのだ

Metro GameCentral 4.0/10
良い点:
・フェイシャル・アニメーションと背景両方の驚異的なグラフィック
・主演エレン・ペイジの素晴らしい演技
悪い点:
・馬鹿馬鹿しくトーンが一貫しない物語と底の浅いキャラクター描写
・本当の意味でのゲームプレーが殆どない
・そうではない振りをしているが極めて一本道

ビジュアルは驚異的だが、ストーリーテリングに固執したゲームにもかかわらず、
馬鹿馬鹿しいプロットと書き込み不足のキャラクターではゲームプレーの
少なさの埋め合わせに全くなっていない。

ほかレビューはChoke Point さんで
http://www.choke-point.com/?p=14887

またGameSpark さんでもレビュー結果が到着していますが、こちらでも
評価が大きく分かれる形となっています。

lmpr.png
1z4f.png
http://www.gamespark.jp/article/2013/10/09/43958.html

前評判や高評価のトレーラーなどで、もう傑作間違いナシと思っていただけに
評価が割れるとは意外でした。「BEYOND:Two Souls」 には何かが足りない?
ベタ褒めされるよりもかえって気になる結果になった今回の評価、
やはり自分の目で確かめるのが一番ですね。

話題の新作「BEYOND:Two Souls」は10月17日発売予定、
現在予約受付中です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



002

Amazon予約受付中!!

BEYOND:Two Souls (3)
BEYOND : Two Souls (初回生産限定版) (初回封入特典 追加シーン・オリジナルサウンドトラックなど豪華ダウンロードコンテンツ 同梱)


コメント

  1. 名無し

    評価真っ二つなのはHeavy Rainを彷彿とさせますねぇ

  2. 名無し

    賛否両論なのはむしろ安心できる
    とりあえず体験版をためして自分に合うかどうか確認しよう

  3. 名無し

    ベタ褒めよりこういう方が期待できるね

  4. 名無し

    ヘビーレインはユニークではあったけど面白いかと言われると微妙だった
    今回もそんな感じな気はするんだけど、やってみたくはあるんだよなあ

  5. 名無し

    達成感があるからゲームは楽しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング