実は逆効果!?健康にまつわる勘違い 「急な思いつきの運動はやらない方がマシ」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

実は逆効果!?健康にまつわる勘違い 「急な思いつきの運動はやらない方がマシ」

b99d301e

実は逆効果!?健康にまつわる勘違い。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



001108

「○○を食べると体にいい」「○○は健康を阻害する」など、世の中には
健康にまつわる言説が溢れています。
そのほとんどはもっともらしく、健康に不安がある人ほどつい「試してみるか」と
思ってしまうものですが、それらの中にはまちがっているものもあるようです。

■水を多量に飲むと○○に負担が

「水をたくさん飲むようにすると、代謝がよくなって健康にいい」という、
広く知られた言説があります。これはいかにも正しそうに思えますし、
頻繁にトイレに行くようになりますから、代謝が良くなった気にもなります。
ただ、これが「健康にいい」かというと、そうとも言えないようです。

頻繁にトイレに行きたくなるほど水を飲むのは、水分のろ過装置である腎臓に
大きな負担をかけます。その結果、腎臓が疲れた状態になり腎機能が低下、
気力がでなかったり、根気がつづかなかったり、腰痛が出たりといったことになります。

■急な思いつきの運動はやらない方がマシ
「運動は健康にいい」というのも、疑う人はあまりいないはず。
しかし、これまで運動をしてこなかった人が運動を始めて、しかも継続するというのは
かなり大変なことです。結局三日坊主で終わってしまったという人は少なくないでしょう。
この三日坊主がよくありません

「一番体に負担なのは、激しく心拍数を上げることを時々
思い立ったように行うこと」
最低週に2日以上できないのであれば、
いっそやらないほうがいい
のだそうです。
それよりも、床掃除をしたり、エレベーターはやめて階段を使うなど、ほんの少しの
運動を日常的に取り入れた方が、健康維持という観点では効果的だといいます。

■「痛みが消えた=治った」は勘違い

たとえば、何か月か苦しんでいた腰の痛みが、投薬によって消えた時、私たちは
それを「腰痛が治ったサイン」だと思ってしまいがちです。
しかし、これは危険な勘違い。「痛みが消えた=治った」ではありません。

この場合、投薬によって痛みが治まっているだけであって、痛みの原因にアプローチ
したわけではありません。しかし、若いうちは痛みが治まれば動けますし、少し休むと
回復するので、この勘違いになかなか気づけないまま、薬を飲んでは
無理を重ねてしまうケースがあります。
その“つけ”は体に無理が利かなくなる40代ごろから「何をやっても良くならない」
状態となってあらわれるのです。
健康とは、少しくらい調子を崩しても自力で回復する“自然治癒力”の高い状態です。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw795322

運動はただ「すればいい」というものでもなく、ちゃんと計画を立てて
継続してやらなきゃ意味がないってことですね。
ちなみにダイエットもそうですね。1日全然食べないくらいじゃ、
3食少なく食べた方が、ダイエット効果としてマシです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

images
(今さら) 「水を1日2リットル飲む」は間違った健康法だったことが判明!

xy (3)xy (4)
ポケットモンスター X
ポケットモンスター Y



コメント

  1. 名無し

    運動は一切やめて福島産のコメを食べるのがいい。

  2. 名無し

    水の飲みすぎマジか

  3. 名無し

    バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠  これ最強

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング