食べ物の写真を大量に見続けると食欲が失せてくることが判明 ダイエットにも利用できるかも? | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

食べ物の写真を大量に見続けると食欲が失せてくることが判明 ダイエットにも利用できるかも?

s_resuto-2

食べ物の写真を大量に見続けると、食欲が失せてくる。
ダイエット中の方にオススメかも。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


E3838FE383B3E38390E383BCE382B0EFBC91-d67af

SNSやブログには食べ物の写真がたくさん投稿されている。
そのような写真を見ると、「美味しいそう、食べたい!」と
思うものだが、それを延々と見続けると、
食欲は逆に減退することが分かった。

米ユタ州ブリガムヤング大学Ryan Elder教授らの
研究チームが232人の被験者を2つのグループにに分け、
一方のグループには甘い物(ケーキ、チョコレートなど)写真を60枚、
もう一方のグループには塩気のある物
(フライドチキン、チップス、プレッツェルなど)60枚を見せ、
1枚1枚どの程度食べたいと思うか(食欲)を
数値で評価してもらった。

最後にどちらのグループにも塩気のある
ピーナツを実際に食べてもらい、
どの程度楽しんで食べられたか、
美味しいと思って食べられたかを評価してもらったところ、
塩気のある食べ物の写真を見ていたグループは、
甘い物を食べていたグループに比べて
ピーナツの味を楽しめていないことが分かった。

見ていた写真の中にピーナツは
含まれていなかったにもかかわらずだ。

研究者によれば、塩気のある物の写真を
さんざん見た被験者は、その知覚体験により、
実際に塩気のある物を食べたときに
「この感覚はすでに味わった、もう飽きた」と
感じていると考えられる。

したがって、甘い物や塩分の多いジャンクフードが
やめられないという人は、食べる前に写真を
たくさん見ることで、そういう食べ物に対する食欲を
抑えられる可能性がある。ただし、今回の実験のように、
かなりの数の写真を見ないと効果はないそうだ。

「ダイエットはしたいけど、運動するはいや」という
めんどくさがり屋さんは、こんな方法を試してみるのもいいのでは?
Elder教授らの研究結果は消費者心理学に関する
専門誌『Journal of Consumer Psychology』に発表された。
http://irorio.jp/kondotatsuya/20131005/80440/ 

なるほど。じゃあ食べたいものに合わせて
甘いものか塩気のあるものかを使い分けたほうが良さそうですね。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

s_Ph001168
カロリー制限食によるダイエットが続かない3つの理由 

007780
Playstation 4 First Limited Pack with Playstation Camera (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)

Playstation 4
 



コメント

  1. 名無し

    そうか。
    ファミレスのメニューで迷ってる時にどうでもよくなるってのは
    こういった理由だからか。
    するってぇとファミレス側はメニューの写真掲載を控えるハメに……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング