Google Chrome 31のβ版公開~11月にネイティブアプリ実行機能が安定版に | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

Google Chrome 31のβ版公開~11月にネイティブアプリ実行機能が安定版に

index

Google Chrome 31のβ版が公開!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



121121chrome

Google Chrome 31のβ版が公開。
特に注目されるのは、PNaCl(Portable Native Client)が初めてベータ版に
含まれたことだ。予定通りならば、11月にはChrome 31安定版でPNaClによる
ネイティブアプリをChromeまたはChrome OS内で利用できることになる。

GoogleはPNaClについて、「開発者はC/C++コードを、たとえ複雑な既存の
コードベースであったとしても、ユーザーインストールを必要とせず、Chromeと
Chrome OSの全デスクトップバージョン間で動作する単一の実行可能ファイルに
コンパイルすることができる。PNaClは、ネイティブコードのパフォーマンスと
ウェブの移植性を兼ね備えている」と説明している。

NaClの利用例として、C/C++で開発されたレガシィデスクトップアプリケーション、
計算量を要求するエンタープライズアプリケーション、複雑なコーデックを必要とする
マルチメディアアプリ、ネイティブスピードで動作させる必要のあるゲームなどが
想定されている。

PNaClアプリは、Windows、Linux、MacまたIntel、ARMアーキテクチャに関わりなく、
ChromeまたはChrome OSさえあれば、単一のバイナリで動作する。
ユーザーがインストールする必要はなく、ほかにプラグインも拡張機能も必要としない。
ChromeがWebブラウザーの最大シェアを持つことを考えると、この影響力は大きい。
さらに言えば、使用したいアプリがあれば、どのプラットフォームでもChromeさえ
インストールすれば使用できることになる。使用OSを変えることに比べれば
負担ははるかに少ない。
ブラウザはますますOSに近づいていると言えそうだ。


今回のChrome 31ベータ版ではChromeアプリの使い勝手を良くする
新機能もサポートされた。「URL handlers for apps」は、リンクからChromeアプリを
直接起動できる。例えばドキュメントファイルをクリックすると、それに関連付けされた
Chromeアプリであるワープロを開くといった操作が可能となる。

また、「Directory access for Apps」は、ユーザーが許可を与えたローカルフォルダに、
Chromeアプリがアクセスできるようにする。そのためローカルフォルダーの
ファイルを開き、ネイティブアプリとChromeアプリで利用、またはファイルの
移動が可能となる。

そのほか、WebMビデオにおけるアルファチャンネルサポート、Chrome for Android
でのJavaScript Web Speech APIによる音声認識サポートなどの新機能も
追加されている。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131004_618140.html?ref=rss

ダウンロード
Google Chrome 31 β版


ユーザーの方は早速アップデートしておきましょう。
最近はスマホと連動が当たり前、家でも会社でも、快適に同期利用できる環境が
整い、非常に使い勝手の向上したブラウザとなっています。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2013061800347
2013年9月のブラウザシェアやOSシェアが発表!気になる1位は?
なんでもっと早く使わなかったんだと後悔したChrome拡張厳選5つ

Ph011795Ph011796
Vita:GOD EATER 2 (初回封入特典 序盤で役立つ! プレミアムキャラクターセット(クラシック衣装Ver.)プロダクトコード 同梱)
PSP:GOD EATER 2 (初回封入特典 序盤で役立つ! プレミアムキャラクターセット(クラシック衣装Ver.)プロダクトコード 同梱)


コメント

  1. 名無し

    アプデした。どんどん良くなるな

  2. 名無し

    あまえびさんは、スマホのブラウザとかタブレットのブラウザなにつかってんの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング