育ての母は言った「誰に似たんだろうね」 新生児取り違えで60年“本来と異なる人生”を歩まされた男性、その胸中は | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

育ての母は言った「誰に似たんだろうね」 新生児取り違えで60年“本来と異なる人生”を歩まされた男性、その胸中は

Ph019439_s

今話題の取り違え男性。その背景と胸中はいかに。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


Ph019438_s

「戻れるものなら戻りたい」-。
昭和28年、出生直後に産院で別の新生児と取り違えられ、
本来と異なる人生を余儀なくされたとして、
都内の男性(60)と実弟3人が産院側に賠償を求めた訴訟で、
東京地裁は11月26日、3800万円の賠償を命じた。
生活保護を受けながらテレビさえない6畳の部屋で共に育った家族。
片や、家庭教師をつけ兄弟全員が大学へ進学した「本当の家族」。
60年近くも“別人”として生きてきた男性が、2つの家族への思いを語った。

■届いた写真に「マジかよ」
「われわれの訴えが認められて感謝している。
今の思いは、整理というか…。まだ動揺している。
正直言えば、昭和28年3月30日に時間を戻してもらいたい

東京地裁が取り違えを認定した翌日の27日、
東京・霞が関の司法記者クラブで会見した原告の男性は、胸の内を明かした。

男性が生まれたのは昭和28年3月30日午後7時17分。
東京都墨田区の「賛育会病院」でA夫妻の長男として誕生した。
一方で、13分後にB夫妻の間に四男が誕生。
この2人が何らかの理由で取り違えられ、
男性は、B家の四男として育てられることとなった。

Ph019440_s

取り違えが判明するきっかけとなったのは、
男性の実弟3人が平成20年に起こした訴訟だ。

男性と取り違えられた男児は、A家の長男として育てられたが、
実父の介護に長男だけが協力的でなかったことなどから、
弟らは血縁関係を疑うようになり、
長男とA夫妻の間に親子関係がないことを確認する
訴訟を東京家裁に起こした。

この訴訟のDNA型鑑定で、長男がA夫妻の子供でないことが判明。
弟らは調査会社に依頼するなどして、
「賛育会病院」で同じ日に生まれた男児を調べ、原告の男性を探し当てた。

取り違えを知ったときの気持ちを問われると、
男性は「『そんなことあるわけない』というのが本音だった。
病院が間違いを犯すということがあり得るのかなと思った」
と振り返った。

半信半疑だった男性の元に、実の弟から手紙が届いたという。
写真が2枚同封されていた。

「『マジかよ』という感じだった。
実際に写真を見ると、自分の若い頃にもこんな写真があったなと思って…。
(弟に)1回会わなきゃまずいかなという気持ちになってきた」

その後、男性と弟3人のDNA型を鑑定。
99・99%の確率で遺伝関係が存在するという結果だった。

Ph019441_s

「(弟から)電話で『すごい結果だった』といわれた。
『99・』の後に9が13個つながったといわれた」

男性は当時の心境を問われ、
「真実が分かったことで、受け入れざるを得ない」と表現した。

■育ての母が抱いていた「違和感」
還暦を間近に控えて判明した真実だったが、
実は、育ての母はある違和感を口にしていた。

「小学生のころだったか、母親に2回か3回、
言われたことがあった。『(B家の)長男は父親に似ていて、
次男は私に似ている。お前は誰に似たんだろうね』と

「兄たちは足の指がすぼまっているのに、
私の足は広がっている。だから母親からはよく
『お前は原始人の足だ』とからかわれた」

そのほかにも、兄弟の中で男性だけがニキビに悩まされ、
体格ががっしりしているなど「何でだろうなというのはずっとあった」という。

入れ違いが判明したとき、すでに実の両親は他界。
弟らから見せられた両親の写真に、数カ月間は涙が止まらなかった。

男性は「やはり会ってみたかったという思い。
できれば生きて会いたかった」と、静かに語った。

一方、弟らから聞く両親の話には、不思議な共通点も感じたという。

「父親は誠実な人、母親は負けず嫌いな人だと聞いた。
自分も負けず嫌いで、(この性格は)どこからきたのかなと思っていた。
(弟の話に)ああ、そうなんだと思いました」

■2つの家庭に大きな「差」
男性が2歳の時に、B家の父が死亡。
4人の子供のうち三男はすでに亡くなっており、
母親は生活保護を受けながら、女手一つで原告ら3人の子供を育て上げた。

6畳のアパートには、当時、家電製品がほとんどなく、
あったものといえばラジオ程度。トイレも炊事場も共同だった。

1_s

「テレビがないから、朝、野球の話題に入れないんですよ。
辛かったですよね。なんでうちにテレビがないのかなって」

小学校5年生の時には、担任の教諭が突然、
「家にテレビがある人」「冷蔵庫がある人」「洗濯機がある人」と
生徒たちに尋ね、挙手させたという。

「私のところは何もないから、手が挙げられない。
いまだったら多分、嘘でも適当に挙げるんでしょうけど、
子供でしたから…。なんだか恥ずかしい、
後ろから笑われてるんじゃないかっていう気分になるんですね」

近所の住民から向けられた視線は、今でも忘れられない。

「周りの大人は結構、(自分を)冷たい目で見てましたね。
今でも顔を覚えています。今から思えば、
親兄弟に似てないっていうことだったのかな」

B家の2人の兄は中学卒業後、すぐに働き始め、
男性も家計を助けるために中学卒業とともに町工場に就職。
学費を稼ぎ、仕事の傍ら定時制高校へ通ったが、大学進学は断念した。

一方、教育熱心だったというA夫妻は子供たちに家庭教師をつけ、
4人の子供はいずれも大学や大学院へ進学。弟3人は大手企業へ就職した。

2_s

男性は「60年間、大した苦労をしたとは思っていない」としつつも、
両家の大きな「差」に複雑な思いをのぞかせた。

「4人全員大学に行かせてもらったと聞いた。
それに比べて私の育った環境はかなり苦しいものだった」

「私も家庭教師が付いていれば
大学まで出してもらえただろうなという思いもある」

今もトラック運転手として働く男性は
「人見知りが強く、人前に出るのが苦手で、
一人でできる仕事に行き着いた」と打ち明ける。

母親や兄たちが働きに行く中、一人で過ごすことが多かったという男性。
「少なくとも、育った環境に父親がいたら変わったと思います」と話した。

■2つの家族への感謝
再会することがかなわなかった実の両親と、
苦労しながら育ててくれた母。
男性は「実の両親には、この世に生を受けたということで感謝している。
何もお返しができなかった」「育ててくれた親は、
できることはやってくれたと思う」
と感謝の言葉を繰り返した。

現在は、B家の兄とともに暮らし、食事の面倒などを看ている。

「これからというのは、分からない」としつつも、
「今までやってくれたことに対して、
できることがあればやりたい」とも話した。

一方、A家の弟たちについては「五十何年生きてきて初対面で、
兄弟なのに不思議だった」。
今では、月に1回程度、酒を飲むなど交流を深めているという。

弟からは「あと20年は生きられるから、
これまでの分を取り戻そう」と声をかけられた。
男性は「うれしかった。全て終わったら、
一緒に温泉にいきたい」
と笑顔を見せた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131130-00000542-san-soci

このニュースへのコメント
・何か泣けてきたよ。
簡単に言えないが、両親、兄弟良い人で良かった( ^ω^ )

・>「お前は誰に似たんだろうね」
良く聞く話だけどこの場合リアルすぎて・・・ 

・取り違えられてたら
そりゃ似てねぇわな…

・取り違えた病院の罪は大きい。
せめてもの救いは、両家とも善人だったことかな。
残りの人生が良きものであるよう願います。 

・自然と涙してしまう。それにしても、人の性格は、環境に作用されず、
遺伝・持って生まれたものなんですね。 
それに、登場しないもう一人の方は、
きっと、弟達からDNA鑑定させられてしまう程の人間なんでしょう。

・取り違えられたもう片方は
どんな生活をしてきて、いま何を思うのだろう。
兄弟から訴えられるなんてよほどのことがあったのだろう。
 
007205
パズドラZ 早期購入特典 パズドラZ オリジナルタッチペン付



コメント

  1. 名無し

    A家の長男(として育てられた人)はどんな人物なんだろうね
    この人が原因でDNA検査を行うことになったんだろ
    兄弟の中でかなり浮いた存在だったことは間違いなく、この後どうなるのかが気になるわ

  2. 名無し

    金持ちの長男は親から似てなさ過ぎて虐げられてたんだろw

  3. 名無し

    既に遺産を巡って裁判中みたいだな
    見ればわかるが、一応高裁で兄が勝利してるが配慮が足りない、反省しろって言われるくらいあれな人みたいだな

    今回で最高裁の結果もニュースになるのかな…さすがにないかw

  4. チョンと日本を間違えて変えたのか´仝`悲しいね。

    あまえび在日チョンだから

  5. 名無し

    片や父親の介護を嫌がり、片や血が繋がって無くても介護を続ける
    対照的な人物なのかねぇとは思うな

  6. 名無し

    「それにしても、人の性格は、環境に作用されず、遺伝・持って生まれたものなんですね。」
    ↑のコメントはちょっと違うと思うのだけれどなぁ…
    疑惑を持たれて育てられてたからこうなったのではないか。
    A家の母親は、用意していた産着が違ったと言っていたみたいだし。
    両親をどこかで恨むような扱いをされたかもしれない。
    そんな環境なら性格もひねくれて当然。
    いずれにせよもう時間は戻ってこない、今後の双方の幸せを願うよ。

  7. 名無し

    ふたり鷹だわ

  8. 名無し

    悲しい運命で、貧しく育った兄にだけしか同情はできない。

    昔のこととはいえ、病院は謝罪の一言もしようとしないらしいから、驚きだよ。
    金持ち長男は、下の兄弟たちからして実に浮いた存在だったんだろうね。
    それでなきゃ、ここまでは進展しないはず。 戸籍を抜いて、病院を訴えてやり直せばよい。
    父親の不動産業で今まで十分、蓄えただろう。 DNAは威力だなぁ。

  9. 名無し

    金持ち長男、脱税で新聞に載ってた。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング