子どもの体力は世界的に低下傾向 持久走のタイムはこの30年で90秒遅くなっていると判明 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

子どもの体力は世界的に低下傾向 持久走のタイムはこの30年で90秒遅くなっていると判明

s_children-running

子どもの体力は世界的に低下傾向?
持久走のタイムはこの30年で90秒遅くなっていると判明。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


running_1394484c

「子どもの体力が落ちている」という話は
近年よく耳にすることかと思うが、
今月20日まで行われていた〈米国心臓学会〉で
発表された研究結果により、
その傾向が世界規模の現象であることが分かった。

南オーストラリア大学の研究チームが
1964年から2010年のあいだに発表された
調査・研究結果を分析し、子どもの体力を評価するうえで
一番基礎となる心肺の持久性(いわゆる持久力)が
どのように変化したかを検証した。
対象となったのは28カ国、9歳から17歳までの子ども2500万人。
5~15分間でどれだけの距離を走れるか、
あるいは0.5~2マイル(約800~3200メートル)の
距離を何分で走れるかをテストした結果を30年前と比べると、
1マイル(約1600メートル)走るのに要する時間は
世界的に平均90秒遅くなっており、
持久力が15%低下
していることがわかった。

主任研究者のGrant Tomkinson博士によれば、
要因は体脂肪の増加だ。体脂肪が増えれば持久力は低下する。
その原因として、室内でゲームばかりしているなど、
昔と比べて子どもが外で遊ばなくなったことなども挙げられるが、
公園が減る、治安の問題で外で遊ぼうにも遊べない/
徒歩通学ができない、あるいは教育費の削減で
体育の授業を行わない学校がある(米国)といった問題もある。

地域別に見ると、ヨーロッパ、オーストラリア、
ニュージーランド、北米の体力低下傾向は
2000年代に入ってからはほぼ横ばい。
中国はずっと下落傾向。日本は体力の低下は
認められるものの、大きな落ち込みが見られない
唯一の国
だそうだ。

Tomkinson博子は「体力が向上すれば、
精神状態にもよい影響を及ぼし、自尊心の向上、
学力向上、鬱症状の軽減につながる」とコメントしている。
http://irorio.jp/kondotatsuya/20131123/89616/ 

今はいろんな面白いゲームがありますからね。
その他にも、治安の問題などが挙げられているので
子供のせいというわけではなさそうです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 

fr (1)
都内の小学校で「外遊びの義務化」始まる 「今の子どもは外遊びの楽しさを知らない。外遊びで体力をつけさせる」  

Ph017443
スーパーマリオ 3Dワールド 



コメント

  1. 名無し

    お、おう

  2. 名無し

    そりゃぁそうだ
    運動しなきゃ下がるわw

    四方八方から勉強をしつけられる世の中
    天性の才能でもない限り運動してたら勉強しろと言われる

  3. 名無し

    >>2 そうか~今は勉強=しつけなのか・・・運動から落ちこぼれ、勉強からも落ちこぼれてネットやゲームに落ち着いてしまうのかな・・・
    まぁ今はと書いたけどその親も勉強しろって言われて現状のしつけなんだろうね・・・

  4. 名無し

    公園が少なくなったな·····

  5. 名無し

    まぁ暴力じゃなくて激とばしただけで
    虐待だなんだいわれそうだし
    体育教師も子供の体力なんてしったこっちゃねーとなるだろうね

  6. 名無し

    平均としては落ちるだろうなー。

  7. 名無し

    全体的に下がってるからマー君レベルで英雄扱いになるんかな?

  8. 名無し

    >>7マー君は普通にすごいと賞賛すべき値についていると思うのだが。

  9. 名無し

    そもそも皆、まじめに体力測定しているのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング