進撃の巨人×超電磁砲! 台湾で作られた実写パロディ映像『進撃の電磁砲』のクオリティが高すぎてヤバイwwwww!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

進撃の巨人×超電磁砲! 台湾で作られた実写パロディ映像『進撃の電磁砲』のクオリティが高すぎてヤバイwwwww!!

009611

台湾で作られた実写パロディ映像『進撃の電磁砲』のクオリティが
高すぎてヤバイ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



p6ku.jpg

台湾の映像製作グループが作った進撃関連の映像が
めちゃくちゃスゴい! 

作品は『進撃の巨人』と人気アニメ『とある科学の超電磁砲』とコラボさせた
「実写版・中2ファンタジー作品」であるという。その映像は
「3D真人版《進撃的巨人》Attack on Railgun【進撃的電磁砲】預告片」
で確認できる。

早速、映像を見てみると……何これスゲエエエエエ!! 実写のミカサが! 
超大型巨人が! 御坂美琴が! 白井黒子が! 画面狭しと活躍している
ではないか!! 立体機動でビシバシ飛ぶミカサに、超大型巨人にレールガンを
ブッ放す美琴。さらにミカサと御坂(ミサカ)が対峙しているシーンも見られ、
もうわけがわからないよ。

この映像は予告編なので詳細は不明だが、とにかく映像技術がスゴいこと、
そして出演者のキャラクター再現度が高いことはよーく伝わってくる。

この映像にはネットユーザーからも

「これは最強だ!」
「カッコイイ!!」
「ミカサvsミサカ」
「応援してます、早く完成版が見たいです!」
「これは期待せざるをえない!!」
「ワイヤーアクションもあるのか、本格的だな」


などと、期待の声が高まっているぞ。

なお、動画の説明には
「これは各方面の力を合わせて作った心のなかの中2ファンタジー的作品です。
使われている比較的高度な映像技術です。頭の中にあるビジュアルが
限りなく再現できますように」

と、書かれている。映像の美しさだけでなく、台湾人の彼らが言う
「中2ファンタジー」にも注目したいところだ。なお、本編公開は
2013年11月25日らしい。
どんな作品になるのか、今から待ちきれない!
http://rocketnews24.com/2013/11/21/389579/



j8as.png
k37p.pngv4bj.png

巨人のCGとかかなりレベル高いですね、これ。
完全に素人趣味の域を出ているこの作品、日本語字幕つけて
もらってじっくり見てみたいものです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

s (1)
進撃の巨人 ~人類最後の翼~



コメント

  1. 名無し

    これだけでも完成度たけぇwww

  2. 匿名

    すげぇぇぇぇ!!!

  3. 名無し

    実写かよ!

  4. 名無し

    巨人のCGは頑張ったと思う!
    それ以外は編集お疲れ様って感じかな

  5. 名無し

    だって趣味じゃなさそうじゃんかw映像制作学校の仲間で集まって作ってる感じ。
    人や機材にカネかけてる割にあんましクオリティは高くないけどな。CGはまぁいいけど、それ以外のエフェクトの付け方とか実写との合成、カラコレや画面調整の技術が貧弱過ぎて、実写専攻の人間が居ないのがまるわかりだw
    タイトルロゴとかテロップを見るにグラフィッカーも居ないし。
    まぁ頑張れよwww

  6. 名無し

    >>5
    名人様乙

  7. 名無し

    アニメの実写とかみてたらゾッとする(悪い意味で)

  8. 名無し

    >>5ほど気持ち悪いコメントを久々にみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング