アントニオ猪木氏の「闘魂注入」ビンタ、ファンがケガしたら罪に問われる? | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

アントニオ猪木氏の「闘魂注入」ビンタ、ファンがケガしたら罪に問われる?

index(2)

アントニオ猪木氏の「闘魂注入」ビンタ、ファンがケガしたら
罪に問われる?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



Free Image Hosting at www.ImageShack.us

もし、闘魂注入によってファンがケガをしてしまったら、猪木氏はなんらかの
罪に問われるのだろうか。弁護士に聞いた。

●ビンタの「方法」と「程度」が問題となる
「まず、猪木氏によるビンタによって、ケガをしたということであれば、
基本的には傷害罪に当たります

「傷害とは、人の生理的機能に障害を与えることをいうのが判例の
立場ですので、猪木氏のビンタによって、鼻血が出たとか、青あざが
できたとか、吹っ飛んで尻餅をついたときに尾てい骨にひびが入ったとか、
そういう場合なら『傷害』になります」

では、猪木氏は、傷害罪として罪に問われるのか?

「それは、そう簡単ではありません。『闘魂注入』は、ファンが望んで
受けていることです。つまり、ビンタされることに、ファンが同意しているのです」

同意があれば、他人を叩いても違法性がないと言えるのだろうか?

承諾に基づいてなされる行為自体が、その『方法』および『程度』において、
社会的に相当な行為であれば、違法性はなくなる
、というのが基本的な
考え方になります。
猪木氏のビンタの『方法』においては社会的に相当といってもいいでしょう。
問題は、『程度』ですね。
元プロレスラーである猪木氏が本気で張り手をしたら、おそらく普通の人は
ケガをするでしょう。もしかすると、人の生命に危険を及ぼすかも知れません。

しかし、猪木氏も『プロ』でしょうから、加減はしているものと思います。
これまでそのような大きな事故がないということも、加減していることを裏付けて
いると言えます。したがって、猪木氏のビンタは、程度の面でも社会的な
相当性があるといえるでしょう」

「ビンタが社会的相当性の範囲を越えない限り、ファンがごく軽いケガをした
程度なら、猪木氏が、刑法上の傷害罪に問われることはない
といえるでしょう」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw890268

最近なんでもクレーム、なんでも通報の世の中。
来年あたりから闘魂注入の会場には
「万が一怪我をされた場合、当方はいかなる責任もおいません。
了承された方のみ参加できます」
くらいの注意書きは出てくるかもですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



007205
パズドラZ 早期購入特典 パズドラZ オリジナルタッチペン付


コメント

  1. 名無し

    これは自己責任だよなあ

  2. 名無し

    ファンはともかく、嫌がってるやつにやるのは反吐が出る

  3. 名無し

    元プロにとっての手加減でも一般人には危険なのでは

  4. 名無し

    同意のうえでビンタされて怪我したら訴えるーなんてキチガイまずいないだろ

  5. 名無し

    同意の上で殺したらどうなるの?

  6. 名無し

    >>5 殺人

  7. 名無し

    >>5>>6
    一見自然な流れに見えるけど、この場合の殺人事件における、被害者が加害者に殺人を犯させた罪が無い
    ただ、死んだ人間には口がないため立証できないので、いつも加害者に責任が問われる

  8. 名無し

    これ営業で一発12万するって本人が言ってたよ

  9. 名無し

    問題なのは同意があるかどうかだろ?
    前、同意なしにいきなりビンタされてるのもあったし

  10. 名無し

    >>6 www

  11. 名無し

    歯が折れたとか顎がずれたとかならNG

    ビンタされる所まで同意で怪我は「程度が調整可能」な猪木側の判断ミス

    出来る奴と出来ない奴の判断がつかなくなったら周りが止めさせないと
    ビンタマシーン化する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング