(やべえwww) ハンバーガーを注文 → 時速140kmで席まで届く!!! とんでもないシステムをニュージーランドのカフェが考案wwww | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(やべえwww) ハンバーガーを注文 → 時速140kmで席まで届く!!! とんでもないシステムをニュージーランドのカフェが考案wwww

Ph020256_s

ずいぶんぶっ飛んだデリバリーシステムを
ニュージーランドのカフェが考案。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 


Ph020257_s

ニュージーランド・クライストチャーチのカフェ
C1 ESPRESSO」では、店内に張り巡らせたチューブを使って、
時速140キロの速度でミニバーガーやポテトフライを詰めたカプセルを
テーブルまで届けるという
超高速エアシューターシステムを構築中です。


C1 Cafe Redefines Fast Food | Stuff.co.nz
http://www.stuff.co.nz/the-press/christchurch-life/9511871/Mini-burgers-to-your-table-at-140kmh

超高速エアシューターデリバリーシステムを説明する
シェフのリッチー・ワードさん。このシステムでは
手に持っているカプセルにハンバーガーやタコスをいれて送ったり、
客からの注文を書いた紙を受け取るなどのやり取りができるとのこと。



使い方は、チューブの中にカプセルをセットして、
カバーを閉めます。



横にある操作パネルでテーブルの番号を押すと……



空気圧の「シュコー」という音と共に、
時速140キロの速度でカプセルが飛んでいきました。



「高速でチューブを移動させるとカプセル内の
食べ物がグチャグチャになってしまうのでは?」と心配してしまいますが、
その点についてもテーブルに着く前に
カプセルを減速させるようシステムを改良。

各テーブルに到着する前にコンピュータがエアブレーキで制御し、
ゆっくりとカプセルを停止させます。



「このアイデアは、テレビでフューチュラマのアニメを見てを思いつきました」と
話すC1 ESPRESSOのオーナーのサム・クロフスキーさんは、
現在エアシューターシステムの使用にあたって
ケガをすることのないように安全性のテストを行っています。



なお、ミニバーガーはこんな感じで
ステンレス製のチューブに入れて運ばれます。
ファストフードは短時間で調理してすぐに食べられるのが魅力ですが、
受け渡しまで超高速になる「
スーパーファストフード」を
実現する超高速エアシューターシステムは、
2014年1月末ごろに6つのテーブルで実際に開始される予定です。


http://gigazine.net/news/20131216-super-fast-food/

昔のラブホテルの料金システムを彷彿させますね。
中身がグチャグチャになるのが心配なほか、
普通にウエイトレス使ったほうが確実な気もしますが、
そこは遊び心なんでしょうね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

007205
パズドラZ 早期購入特典 パズドラZ オリジナルタッチペン付


コメント

  1. 名無し

    アンパンマンだけにしてくれ

  2. 名無し

    昔ラブホにあった料金精算システムのパクリジャンw

  3. 名無し

    >ステンレス製のチューブに入れて運ばれます
    衛生面が不安だ

  4. 名無し

    昔どころか今でも普通にあるわ
    都内のラブホでも見た事ある

  5. 名無し

    今でも普通に見るね。
    初めて見た時はおもしろかったけど。

  6. じい

    最初どうやってお金を支払うのかわからなかった若かりし日々

  7. 名無し

    トヨタ記念病院
    未だにこのシステム使ってるよ

  8. 名無し

    病院とかで使ってる似たシステムは億単位かかります。

  9. 名無し

    さすがアメリカw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング