3Dプリンター、ペット医療でも活躍! 工程を大幅に短縮、難手術も怖くない! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

3Dプリンター、ペット医療でも活躍! 工程を大幅に短縮、難手術も怖くない!

Ph020222_s

3Dプリンター、ペットの医療分野でも活躍。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



131215gizmodo_3dp.jpg
 
人間の医療現場で大躍進中の3Dプリンター。
ペット医療の現場でも大活躍しています。
アメリカのアラバマ州にあるオーバーン大学の獣医学部では、
ドクターたちがMakerBot 3Dプリンターを使用して、
非常にデリケートな犬の手術を可能にしました。

記事冒頭の画像左側は3Dプリンターでプリントされた背推骨。
7歳になるヨークシャテリア、ソフィーの背推骨の完璧なレプリカです。
ソフィーは歩行が困難になっていました。
骨が摩耗してずれてしまい、神経を傷つけていたのです。
でも、体重がたった1.4キロのヨークシャテリアの小さな背骨を、
神経に触れることなく手術するのは至難の業。
そこで、ドクターのドン・ソージョネン氏とエイドリアン=マクセンス・へスペル氏は、
綿密な手術計画を立てるため、
ソフィーの背推骨の正確なモデルを3Dプリンターでプリントしたのです。

これまで、何かを装着するような手術では、手術を始めてから、
どうやって装着するかその場で考えなければなりませんでした。
ソージョネン氏によると、そのプロセスは通常45分程かかるそうです。
しかし、3Dモデルを使うことで、
ドクターは事前に手術のシミュレーションや練習ができるので、
手術を開始してからプランを考える必要はなく、
自信を持って手術に臨むことができます。

ソージョネン氏は「正直言って、3Dモデルなしには
この手術はできなかったと思う」と語っています。
飼い主さんもさぞかしホッとしたことでしょう。

今回の手術は3Dプリンターによる医療ソリューションの一例にすぎません。
先月は、イギリスの外科医が、チタンのインプラントとガイドを3Dプリントし、
綿密な手順をバーチャルモデリングで練習して、
自転車事故で重傷を負った患者の顔の骨を復元しました。
また、日本のドクター達も、大人から提供された肝臓を
子供の患者に移植する際のプランニングに
3Dプリントモデルを使用しています。
フロリダ大学では、脳神経外科医達がMRIと
CTスキャンからプリントされたモデルで、
緻密な脳外科手術を練習しています。

ドクターが、事前に正確な手順をシミュレーションできるというのは、
患者にとっても家族にとっても、そしてペットにとっても、安心ですね。 
http://www.lifehacker.jp/2013/12/131215gizmodo_3dp.html
 
製造分野のみならず、医療分野とのシナジーも抜群。
個人向け商品も安価になってきていますし、
今後ますます3Dプリンターは普及していきそうですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

xy (3)xy (4)
ポケットモンスター X
ポケットモンスター Y



コメント

  1. 名無し

    1げと

  2. 名無し

    某国で劣化3Dプリンタ作成して
    作成した部品使って整形
    使ってる素材も悪すぎて失敗の嵐
    日本のせい◯ダ!

    まで予想できた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング