若者の「喫茶店」離れ ピーク時の15万店から大幅減少、現在は5万店程度しかないらしい 「お前らセブンイレブンでばっか飲むなよ」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

若者の「喫茶店」離れ ピーク時の15万店から大幅減少、現在は5万店程度しかないらしい 「お前らセブンイレブンでばっか飲むなよ」

images

若者の「喫茶店」離れが深刻。お店も次々と閉店しているらしい。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯





関西でおなじみの喫茶店「珈琲(コーヒー)の青山」が2月末で全11店舗を
閉店し、喫茶店事業から撤退した。
大手コーヒーチェーンの進出や安価なコンビニエンスストアの入れ立て
コーヒーに押され、業績が悪化
したのが大きな原因だ。

価格やサービスが多様化し、「勝ち組」と「負け組」がくっきりと分かれ始めた
喫茶店市場。昔ながらの喫茶店は苦境に立たされている。

コーヒー、ブルーマウンテンが1杯550円と、1杯200~300円台で提供する
チェーン店などより高めだった。
ピーク時は36店舗まで拡大し、平成10年には約41億円の売り上げがあったが、
24年は約5億円に落ち込んでいた。
大人向けの高級志向が、安価なコーヒー店が浸透した今の時代に
合わなくなった
との見方もある。

喫茶店の事業所数も総務省の統計によると、自家焙煎などの「珈琲専門店」ブーム
だった昭和56年の15万4630店をピークに減少し続け、24年には4万9298店と
3分の1以下にまで落ち込んでいる。

若者はファッション性の高い『スターバックス』や安いコンビニのコーヒーに
流れる
ビジネスマンも『ドトールコーヒー』などセルフサービスの店に行く。
個人経営店には後継者が不足しており、時代の変化に対応できていなかった」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140314/wec14031422470013-n1.htm

Ph012026_s
【珈琲】 なぜコンビニコーヒーは成功したのか? 国内のコーヒー消費量過去最高へ 
【悲報】 セブンイレブンのコーヒー 原価が酷すぎると話題wwwwwwwwwwwwww 

自分、喫茶店好きなんでけっこう行く方ですが、確かに減りましたね。
近所でも2つ潰れました。

今の時代のニーズに合っていないのはよくわかりますが、このまま完全に
消えてしまうのは寂しい。
こういった“古き良きもの”も残って欲しいと願っています。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 
あれば一杯500円でも600円でも出します。応援の意味も含めて

IMG_3501
実は本当に一人でブラブラすることがあります・管理人ブラブラ 35



コメント

  1. 名無し

    みんな金ないからニーズに合わないんだろうな

  2. 名無し

    「若者の浪費離れ」だろ
    けっこうなことだ

  3. 名無し

    あまえびは日記読んでると、いつも趣味がいいよな
    気が合いそうだ

  4. 名無し

    「喫茶店」だと煙草の煙臭いイメージ
    完全分煙のチェーン店じゃないとダメだわ

  5. 名無しさん

    スタバ行くより、普通の喫茶店行けよ…とはよく思う

  6. 名無し

    喫茶店は一杯の値段が高すぎていく気になれないよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング