NHK取材班の男性が番組付き合いの宴会で死亡、両親の訴えで労災認定 「飲酒は業務でも強要でもないのに?」 疑問の声も | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

NHK取材班の男性が番組付き合いの宴会で死亡、両親の訴えで労災認定 「飲酒は業務でも強要でもないのに?」 疑問の声も

201401082355

飲酒は業務?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯





NHKのドキュメンタリー番組
制作のために中国・広東省を訪れ、現地住民との
宴会での飲酒が原因で死亡した制作会社社員の男性(当時31歳)の両親が
国に労災認定を求めた訴訟で、東京地裁は19日、請求を認める判決を言い渡した。

団藤丈士裁判長は「宴会は中国当局の幹部から取材許可を得るためで、
業務上の事故だった」
と判断した。

NHKスペシャル取材班で照明を担当した男性は2009年4月、取材班と地元当局の
幹部らが開いた宴会に参加。アルコール度数の高い酒を飲み、滞在先のホテルで
吐いた物をのどに詰まらせて窒息死した。

国側は飲酒を強要されたわけではなく、業務とは関係ないと主張したが、
判決は「取材を円滑に進めるための宴会で、業務遂行のために限界を超える
量を飲酒した
と認定。
遺族補償一時金などを支給しないと決めた渋谷労働基準監督署の処分を取り消した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140319-OYT1T00856.htm?from=main7



・最終的な死因は飲酒とは関係ないのだが・・・。
この様な件はあまり容認しないほうがよいのではないか?
利益のためなら何をしてもよいと言った極論にも通ずる問題のような気がする。

・これは日本だからこそ労災になってしまう事故だ。他の国だったら、いやだったら
飲まなければいいだけの話だが、それが拒否できないのが日本の国が持っている
同調圧力だ。これは学校によって育てられる。

・きっと、飲酒だけじゃなくて、長時間過密労働もあったと思う。
テレビ局の労働現場は過酷すぎる。

・これを業務じゃないというならサラリーマンはやってられんよ

反応

仕事のためにあえて飲み過ぎた部分もあるかも知れません。自分が飲みたかった
だけかも知れません。確認はできません。

でもこれが労災認定なら、毎日イッキをお客に強要され「仕事のため」ムリして
飲んでいるホストさんとか死亡した場合も、全部保証するんですかね?
遺族の気持ちもわかりますが、のちのちのことを考えると、けっこう微妙な
判例だったと思います。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

imgs05




コメント

  1. 名無し

    ホストなら当然、労災は下りる
    業務中だから裁判するまでもない
    もっとも示談か雇用主が店を潰して逃げるだろうけど

    酒を飲まなかったことにより、飲んでいたら得られるはずだった利益が受けられない状況は業務と同等であって、接待が原因の死亡事故は労災認定されるのが妥当
    この判決は分かりきった答えの再確認のようなもの

  2. 名無し

    労災認定はとても厳しいのに裁判所は庶民にとって
    良い判断をしたのだから、あえてケチつけるバカはやめとけよ。

  3. 名無し

    酒は飲んでも飲まれry

  4. 名無し

    NHKは中国の広報部。

  5. 名無し

    死因が吐瀉物による窒息である以上、業務に必要だったか審査したのだろうか?
    もし審査した上で労災認定されるなら日本のサラリーマンはかなり危ない橋を渡っているはずだ

  6. 名無し

    だから飲み会行きたくないんだよ
    ノリでイッキさせられる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング