植物状態にある患者は、意識があるだけではなく、注意を向けている可能性アリ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

植物状態にある患者は、意識があるだけではなく、注意を向けている可能性アリ

s_Ph001840

植物状態にある患者は意識があるだけではなく、
注意を向けている可能性アリ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


s_Ph001839

何らかの障害があったために、体が動かず
言葉もしゃべることができないーー
そんな植物状態にある患者には意識があり、
場合によっては注意を向けている可能性もある。
このような研究がジャーナル誌
『Neuroimage: Clinical』で発表された。

英ケンブリッジ大学の研究者らは、21人の
植物状態の患者(最少限の意識下にある患者含む)と
8人の健康な被験者を対象に、脳波と
機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を使用し実験。
被験者らは「イエス」「ノー」の単語が15%含まれる
様々な単語リストを聞かされ、
その中でも特定の単語を聞いた時に
注意を向けるよう指示された。
すると、植物状態にある患者の一人が、
それらの単語に正しく注意を向けることができた
という。

さらにfMRIでは「テニスをしている様子を
想像してもらう」という、シンプルな要求に
答えられるかも実験。
すると同患者は、こちらも正しく研究者の
要求に従うことができた

注意の向け方や想像の内容によって
血流が変化するので、fMRIで確認することができるのだ。
他にも最小限の意識があると診断された
患者ら3名は、いくつかの単語に反応を示したが、
要求された単語に選択的な注意力を向けることはできなかった。

この結果は、今まで無反応だと思われていた
植物状態や最小限の意識下にある患者が、
外界の音に注意を向けている可能性が示唆されている。
研究結果は、外界とコミュニケーションを取れない
患者に対する技術の開発に役立てられるという。
http://irorio.jp/sakiyama/20131207/94131/ 

000067
12年間植物状態だった男性と脳スキャンで対話することに成功!「叫んでも叫んでも声が出ないのです。夢を見るしかありませんでした」  

007205
パズドラZ 早期購入特典 パズドラZ オリジナルタッチペン付 



コメント

  1. 名無し

    全く動けず意識だけはまともとか最悪すぎる・・・
    治らないなら成仏したいわ・・・

  2. 名無し

    これは辛いな・・・

  3. 名無し

    怖い

  4. 名無し

    一見 植物状態でも意識があるのが「閉じ込め症候群」と呼ばれるものだけど
    重症の脳梗塞やALDの末期が有名。

    ALDを発症すると筋肉が弱り 人工呼吸器が必要になり やがて まぶたも上げれなくなる。
    植物状態=意識がないというのは 医療を知らない人間の勝手な思い込み。

    もし意識不明で入院しても 意識があるかどうかというのは血圧でモニタリングされてるから
    今時 意識があるかわからないということはない。

    ALDの予防は無理でも 脳梗塞は気を付ければ予防できる。
    家族が脳梗塞を起こさないように日ごろから気を付け、もし起こしても
    すぐに治療できるように脳梗塞の知識を持つことが大事。

    脳梗塞は早期の治療が間に合えば 障害が残らない可能性も十分ある。
    若くても老人でも誰でも脳梗塞を起こす恐れがある。全然他人事じゃないぞ。

  5. 名無し

    シンジくん

  6. 名無し

    ブラックジャックでそんな話あったな
    呼吸の仕方で意思の疎通ができるようになったとか

    とりあえず暇だろうからラジオでも聞かせておいてやれよい

  7. 名無し

    日本というか現代医術では違法なんだが、脳の使ってない部分に7サイクルでサポート用の意識データを入れ込むと植物人間と化してしまった人の意識を覚醒させることは可能。
    ただ、本人を良く知る近しい人が悪意なくサポートする環境が無いとだめだけどね
    ちなみにマジネタだから医者と組んで悪用すんなYO!!

  8. 名無し

    >>7
    マジで馬鹿なんだな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング