ついにGmailとGoogleカレンダーデータの持ち出しが可能に!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ついにGmailとGoogleカレンダーデータの持ち出しが可能に!!

index

ついにGmailとGoogleカレンダーデータの持ち出しが可能に!!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



9pgy.jpg

Googleは5日、GmailとGoogleカレンダーのデータを持ち出す
エクスポート機能を追加すると発表
した。これによって他のメールや
カレンダーサービスへの移行、Googleがサービスを中断または停止した
場合に備えてのデータのバックアップが簡単にできるようになる


エクスポート機能は、GoogleアカウントのGoogle Takeoutサービスで提供される。
Googleカレンダーのデータ持ち出しは発表と同時に全ユーザーが利用可能。
Gmailについては、「数カ月間かけて機能をロールアウトしていく」と説明している。
Googleアカウントのデータダウンロードページからアーカイブを作成することで
利用できる。

Googleはこれまで、データ持ち出し機能を他のサービスでも提供してきた実績を持つ。
ユーザーが作成したデータは自由に持ち出せるようにすべきであり、特定のサービスに
ロックインしないようにすることが重要だと考えているからだ。

すでに持ち出しに対応済みなのが、Google+、YouTube、Googleドライブ、
Google Voice、Googleプロフィール、Googleコンタクト、Googleハングアウト等の
データがある。今回これらに加えて、ユーザーが最も待ち望んでいた
GmailとGoogleカレンダーについても対応した形だ。

9y64.png

Googleカレンダーのデータは、iCalendarのICSファイル形式で持ち出しができる。
GmailのデータはMBOXファイルで、ダウンロード時にはZIP形式に圧縮されて
提供される。MBOXファイルはMicrosoft Outlook 2011、Mozilla Thunderbird、
AppleのMail等、主要なメールクライアントによってサポートされており、
簡単にインポートできる。

デフォルト設定では、全メールが1つのMBOXファイルに含まれる。
しかし、ユーザーが指定すればラベルごとにエクスポート可能だ。
データ持ち出し可能回数には制限があり、1日3回、1週間に合計7回までだ
この制限についてGoogleでは「この制限に不便を感じるユーザーは
ほとんどいないと考えている」と説明している。

注意すべき点として、エクスポートされたGmailデータにはメッセージの
ラベルデータとして「X-Gmail-Labels」ヘッダーがCSVフォーマットで保存されている。
このヘッダーを認識するメールクライアントは現時点で存在しない。
Googleでは「ほとんどのメールクライアントでは、このデータを利用できるようにする
拡張機能を作成できる」と説明している。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131206_626569.html?ref=rss

世界中のユーザーが待っていた機能がついに公式実装。
これで大切なメールや予定表などをなくす心配がありません。
これまでもフリーソフトなどでバックアップは可能でしたが、公式で
対応してくれるので、もうバックアップに面倒はなさそうですね。
ユーザーの方はチェックしておいてください。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

003981 - コピー (2)
ゼルダの伝説 神々のトライフォース2



コメント

  1. 名無し

    そんなにいい事なん?

  2. 名無し

    >>1 おまえ笑われるぞ
    最高にいいことだよ、わかんないかな

  3. 名無し

    そもそも取っておきたいメールなんて別にない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング