あなたのiPhoneが人質に?ハッカーが遠隔ロック、解除して欲しかったら「身代金払え」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

あなたのiPhoneが人質に?ハッカーが遠隔ロック、解除して欲しかったら「身代金払え」

006729

ハッカーがiPhoneを遠隔ロック、解除して欲しかったら「身代金払え」。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



08102701

オーストラリア各地でAppleのiPadやiPhoneのユーザーから、端末が
何者かにハッキングされて乗っ取られ、身代金を要求された
という訴えが
相次いでいる。

自分のiPhoneの画面に突然、「端末はOleg Plissによってハッキングされた」
というメッセージが表示され、ロックを解除したければ指定のPayPal口座に
50ドルを送金するよう要求
されたという。

Appleのサポートフォーラムにも、「iPadを使っていたら突然ロックがかかり、
100米ドル/ユーロを要求された」「私もまったく同じ問題に見舞われていて、
『Oleg Pliss』から同じメッセージを受け取った」
「iPhoneとiPadの両方が影響を受けている」
などの投稿が相次いでいる。

Mac専門のセキュリティ企業Integoによると、被害者の端末は、紛失したり盗まれたり
した場合の「iPhoneを探す」機能が作動してロックがかかった状態になっている
と思われる。

考えられる原因として、何者かが脆弱性を突いてAppleユーザーのアカウントに
侵入した可能性や、何らかの原因で流出したパスワードが使われた可能性が
指摘されている。しかし、現時点ではまだ何が起きたのかは不明で、被害が
オーストラリアやニュージーランドに集中している理由も分かっていない。

Integoでは端末がロックされた場合の対策として、リカバリモードを使ってバックアップから
復元する方法を紹介している。さらに、こうした被害に遭うのを防ぐためのApple IDアカウント
保護強化策として、2要素認証の利用や14桁のリカバリキー設定を勧めている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1405/28/news038.html

こんなハッキング方法あるんですね。
ただ最後のツメが甘いと言うか、どんな情弱でもこんな文章が表示されて、
素直に銀行に入金するなんて人いないでしょうに。
普通、まずはサポートか警察に行ってしまいます。

自分なら「Appleサポートです。*『○○が不足しているためロックがかかっています』。
本人確認のためクレジット入金手続きをお願いします」など、『本人確認』を強調して、
お金は戻って来るように書きます。
*『』はもっともらしいことなんでも。
「ハッキングしました」では、まずお金入れないですね。

この新手のハッキングは現在オーストラリアに集中しているようですが、
日本でも同様の件が来るかもしれません。各自警戒が必要です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯





コメント

  1. 名無し

    いやぁ50ドルでペイパルなら払っちゃう人いるだろう。
    忙しいとか仕事の資料や後ろめたい人もいるだろうし。
    サポートも時間がかかるだろうし結局ショップ行くとか遠いとかになりそう。
    それにしても世界的にハックしないで小額送金させる理由は通信業者やコード制限とかかね?

  2. 名無し

    >>1 情弱すぎるだろ、まず99%払わないよ。メーカーからの請求でなく犯罪者の脅し、しかもiPhone起動できないってならアップルに訴えてタダで保証させた方がいいじゃないか。拒否できないだとセキュリティ問題なんだから

  3. 名無し

    あれ?PCで初期化して終わりじゃね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング