実は身体に悪い「アラームが鳴る前に目覚める」現象の理由 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

実は身体に悪い「アラームが鳴る前に目覚める」現象の理由

sPH001526

体に悪い「アラーム前に目覚め」。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


ssleep-better

目覚ましアラームが鳴るより先に起きてしまうこと、ありませんか?
「体内時計がしっかり機能してるんだ!」なんて喜んでいる方は要注意です!
じつはこの現象、身体に悪いのです!

■ 身体はアラームが大嫌い!パターン

◎ 徐々に目覚めたいのに…

私たちの身体は、徐々に目覚めることを良しとしています。
そのため、強制的に身体を起こすアラームが大嫌い。アラームによって
突然起きてしまうと、ゆっくり起きるという目標を達成できません。
目標はなるべく達成したい身体は、少し過激な方法をとります。
なんとそれは「ストレスホルモンを増加させる」ことなのです!


◎ ストレスホルモンを増加させる!?

アラームを設定し、「さあ明日は起きるぞ」と気合の入る夜。
しかし私たちの身体はその夜の間に、PERタンパク質とストレス
ホルモンを増加させます。これらの物質によって、身体は早く目覚める
準備をするのです。
そして幸か不幸か、彼らの働きはとても正確。
なんとしてでもアラームよりも先に起きようと必死になります。
こういうわけで、アラームよりも数分、数秒前には目が覚めてしまう現象が
起こるのです。PERタンパク質は、睡眠と目覚めのサイクルを
調節するタンパク質です。

■ 「過緊張」が体内時計を調節してしまうパターン

◎ 2種類の体内時計

体内時計は2種類あると考えられています。24時間でひとまわりの大きな
体内時計と、数十分程度の小さな体内時計です。毎朝決まった時間に
起きるのは大きな時計によるもので、いつもとは違った時間に起きる場合は
小さな体内時計がその働きをします。もともと体内時計は臓器の働きを
管理するのに役立っているものなので、起床するべき時間を予測
できるというわけです。では、どうして体内時計はアラームの少し前に
合わせて身体を起こしてしまうのでしょうか。

◎ リラックスできていない!

体内時計によって早く起きてしまう原因は、「仕事に行かなきゃ」など
緊張状態からくることが一番に考えられます。遅刻への恐れが過緊張を
引き起こし、アラームよりも前に起きるように身体が意識してしまいます。

これは真面目な性格の人がよくなってしまう傾向があります。
ひどい場合は前日の夜からの興奮状態が続き、疲れがまったく
とれないということも。できるだけ前日はリラックスする時間を設け、
「休息」の機能をコントロールする副交感神経を整えましょう。 

一部省略
http://news.livedoor.com/article/detail/8780313/  


まさしく俺過ぎた。けどまぁ便利なことだし特に問題もないから
必要なときには使わせてもらいます 

これどっちも。

え………めっちゃあるある…(汗)。

アラームで起きない人を起こすのにその人が起きなくてイライラしますけどね。
起きれないくせにスヌーズ機能とか使わんでーーーーーー。 

まじコレよくやる…………体に悪かったんだ 


眠れなくなるストレスの原因が分かっているなら、それを改善したいですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 

stwo-half-men-729-620x349
この世には二通りの人間がいる 
 



コメント

  1. 名無し

    俺には関係無い話だなー
    最近5年間365日がGWですよー

    寝たい時に寝て起きたい時に起きる規則正しい生活を送っています。

  2. 名無し

    なんぞこれー

  3. 名無し

    誤差3分未満 遅れなしの俺

  4. 名無し

    酷い俺コレだわ
    職場で仮眠するときとか特に、食事の余裕とって早めタイマーしてるってのに
    それより早く目覚める

  5. 名無し

    遅刻するよりマシだよなw

  6. 名無し

    時計を開発した人の罪は重い

  7. 名無し

    早寝してアラーム鳴る前に起きるオレには関係ないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング