認知症で保護された身元不明の男性、NHKが特集で取り上げる→ 「うちのおじいちゃんかも」と家族が連絡 無事再会 警察には届けていた | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

認知症で保護された身元不明の男性、NHKが特集で取り上げる→ 「うちのおじいちゃんかも」と家族が連絡 無事再会 警察には届けていた

P017221_s_s

保護された身元不明の男性、NHKの特集放送を見た家族が気付き再会。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P017220_s

おととし3月、大阪市内で保護されたあと身元が分からないまま
介護施設で暮らしている男性について、NHKは今月19日のニュース7などで
放送しましたが、放送の2日後、「男性は家族かもしれない」という連絡が
NHKや警察などに寄せられました。

 
男性は27日午後、大阪市内の施設で連絡をしてきた家族と面会し、
兵庫県内の74歳の男性であることが確認されました。

大阪市は、生活保護の受給などに必要だとして男性に「太郎」という
仮の名前を付けたうえで、法律に基づく一時的な保護措置として、
市内の介護施設で2年間にわたって保護していました。

警察は、全国の警察に出されている行方不明者の届け出との照合もしましたが
身元の特定につながる手がかりは得られませんでした。


男性は27日午後、警察官の立ち会いのもとで後見人と共に家族と面会し、
兵庫県内の74歳の男性と確認されました。

P017221_s

涙ながらに対面
男性の成年後見人を務めている司法書士の山内鉄夫さんは、
「家族が見つかって本当によかったです。2年ぶりに対面した家族は涙ながらに
『お父ちゃん』と声をかけて、手を握ったり頭をなでたりしていました。
認知症の人が増え、家族の介護だけで、はいかいを防ぐには限界がある場合も多いので、
今後も同じようなことが起こりうると思います」と話していました。
 
また、警察が2年余りにわたって身元を確認できなかったことについては、
「家族は警察に行方不明の届け出をしていたので、すぐに見つかっても
おかしくなかったと思う。警察はなぜ今まで身元が確認できなかったのか、
理由を明らかにしてもらいたい」
と話していました。 

一部抜粋
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140427/t10014067231000.html
 

会えてよかった

警察同士の連携や内部のデータ照会がうまくいってないんじゃないか

NHKのニュース7は毎日が好視聴率だからな



見つかって何よりですね。しかし今後、こういったケースが増えていくかと思うと
やるせない気持ちでいっぱいです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

004844
認知症高齢者ら6年で倍増 「保護されても自分の名前がわからない」 身元不明で仮名のまま施設で暮らす人も




コメント

  1. 名無し

    いい話だけど警察が無能すぎる

  2. 名無し

    警察仕事しろっ

  3. 名無し

    司法書士が成年後見人についてるから、
    この爺さん持ってる財産が凄いんだろうな。
    家族も必死に探すわ。

    ・・・だめだ、心が病んでる。

  4. 名無し

    >>3
    成年後見人は保護された後に便宜上ついたんじゃね?

  5. 名無し

    俺はNHKの役割はこういうので良いと思うんだ。
    毎日のニュースと天気予報、国内で行われたイベントやスポーツ、地域の困った事や問題点などを情報として発信する機関
    視聴率なんか気にする必要は無く、世間じゃそんな事をしても何も得じゃない、でも情報として全国に発信すれば誰かが助けに手をあげてくれるかもしれない。
    こういうNHKだったら本当に価値がある。
    民放と同じ事しかしない、スポーツは海外のコンテンツをものすごい高い金を出してお買い上げ。その金額の10分の1の放送権料を国内スポーツにまわせばTVへの露出という意味も含めてどれだけ助けられる競技、チームがある事か。

  6. 名無し

    また警察の無能さが露見してしまったな

  7. 名無し

    警察は儲かる商売しかしないからなー

  8. 名無し

    2年 ワロタ

  9. wew

    見つかって何よりですね。しかし今後、こういったケースが増えていくかと思うと
    やるせない気持ちでいっぱいです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング