ソニーとパナソニック、有機EL事業売却へ コスト減難航 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ソニーとパナソニック、有機EL事業売却へ コスト減難航

006573

ソニーとパナソニック、有機EL事業売却へ コスト減難航。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



20071125_025-7-08-xel-1

次世代テレビの「本命」として有機ELディスプレーの開発をしていた
ソニーとパナソニックが、ともに有機EL事業から撤退する方針を固めた。

大型化に伴う製造コストの引き下げなどが難航したためだ。
有機ELの大型テレビ開発から日本勢が事実上、姿を消す
韓国メーカーが開発してはいるが、割高で市場は伸びていない。

ソニー、パナソニックとも、それぞれの有機EL事業を売却する方向で調整している。
ともに6月中にも基本合意する見通しだ。JDIはタブレットやスマートフォンなどに使う
中小型画面に絞って開発を進める。
http://www.asahi.com/articles/ASG5S5DR3G5SULFA001.html

平井社長、あれだけ推して立て直しを発言していましたが、結局撤退することに
なったのですね。
大きな理由として、不振のテレビ事業を立て直すには、課題の多い有機ELに投資を
続けるよりも、高精細の「4Kテレビ」など液晶テレビの開発に集中する方がよいとの
結論に達したそうです。
仕方ないですね。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

AS20131226000599_commLnkx20131226bjaj





コメント

  1. 名無し

    vita3000の有機EL復帰はもう絶望的か

  2. 名無し

    出光も失せろ

  3. 名無し

    ELの開発には時間かかり過ぎた。もっと早く、テョンとTVの価格競争に入る前に
    量産化できていれば、全く違う結果になっただろう。

    ま不採算事業なんぞとっとと切るに限る。

  4. 名無し

    ソニーもHONDAも、創業者が逝ってからどんどん突き進んでるな

    奈落の道に

    安いから安いからと中国に生産移し、円安に傾いてきたら輸入コストが安い人件費を上回る。

    早々に日本を見限って海外に技術もプライドも持っていったツケだ阿呆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング