(空の不安) パイロットの年収って4000万くらいあるんじゃないの? → 今の状況は結構ヤバい・・・人材不足なのに・・・ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(空の不安) パイロットの年収って4000万くらいあるんじゃないの? → 今の状況は結構ヤバい・・・人材不足なのに・・・

P019458_s

今のパイロット、悲喜こもごも。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P019457_s

一昔前なら、「将来なりたい職業」の上位に必ずランクインしていたパイロット。
高給が保証され、社会的ステータスも高い憧れの仕事だったはず。

それがいまや慢性的な人手不足からエアライン1社で2000便以上が
欠航に追い込まれる事態
となっている。

日本に3社ある格安航空会社(LCC)の中で唯一の勝ち組だった
ピーチ・アビエーション。低価格運賃を武器に、平均搭乗率が
損益分岐点とされる70%を超えて経営も軌道に乗っていた。
にもかかわらず、4月に突如2000便超の定期便(5~10月)を欠航すると発表した。

同社によると、52人の機長のうち8人が病気などで長期欠勤。
10人程度の中途採用や副操縦士からの昇格も見込んでいたが、
アテが外れたのだという。おまけに、5月20日には追加で56便の欠航を発表。
これも訓練中だった2人の機長が急きょ退職したためと説明している。

重責を担うパイロットゆえに、
「風邪薬を飲んだだけでも航空法の規定により乗務できない」(業界関係者)
厳格さを求められるのは当然としても、国内・国際線の総便数の17%もの欠航を
余儀なくされるほど人手が確保できない理由は何なのか。

航空経営研究所所長の赤井奉久氏は、
「世界中で人材獲得合戦が起きているから」と話す。

「世界で飛んでいる航空機のほとんどがボーイングかエアバス製なので、
パイロットの運航技術は世界共通です。しかも、今の飛行機は
たとえ着陸前にトラブルがあっても自動制御が働くほど性能がいいし、
航路もきちんと整備されているのでパイロットの養成は以前よりもしやすくなっています。

airbus08

ところが、世界的な航空需要の高まりで、特に日本を含めたアジアで
中・小型飛行機の数が爆発的に増えているため、パイロットの育成スピードが
全然追いつかない。そこでパイロットの派遣や就職あっせん会社を通じて、
世界中のパイロットの引き抜き合戦が行われているのです
」(赤井氏)

確かに国際民間航空機関(ICAO)の予測では、2030年に
アジア・太平洋地域で必要になるパイロット需要は約23万人で、
2010年の4.5倍も増える。

航空評論家の秀島一生氏は、さらに深刻な数字を挙げる。

「現在、ボーイング社がオーダーを受けているすべての飛行機が
2032年までに予定通りに納入されたとすると、アジアだけでパイロットが
50万人不足すると言われています。足りないのはパイロットだけではありません。
整備士も50万人、その他、空港スタッフやCAなどの人員も
20万人不足すると危惧されています」

これほど売り手市場のパイロットだが、日本のエアラインの報酬は
JALの経営再建やコストカットで採算を取るLCCの台頭などもあり、
低めに抑えられている
大手エアラインのパイロットが年収3000万円以上を
稼いでいたのは過去の話。全日空でも1900万円、LCCなら
1200万円そこそこがいまの相場だ
(有価証券報告書記載の額)。

「専門課程のある大学や航空会社で厳しい訓練を受けてパイロットの
ライセンスを取得しても、機長になるには副操縦士として7~10年の
フライト実績を積まなければならない。それだけ苦労して
人件費の安いLCCで乗務するくらいなら、待遇のいい海外のエアラインに
転職したほうがマシと考える日本人パイロットは多い」
(業界関係者)

一方、「人材不足は個別のエアラインだけの責任ではなく、
見通しの甘い規制緩和に突き進んだ航空行政の責任も重大」と
指摘するのは、前出の秀島氏。

国は水増しの需要予測で地方に赤字空港をつくり続けたばかりか、
LCCを成り立たせるために低コストで飛べる規制緩和を際限なく行ってきました。

次から次へと飛行機を飛ばすために、フライトとフライトの間
の整備・点検は行わなくてもよくなりましたし、これまで禁止されていた
搭乗中の給油もOKになりました。

パイロットになる条件だって緩和されています。今はフライトシュミレーターを
使った訓練が主流で、ライセンスを取得してから初めて実機に乗るパイロットも多い。
つまり、安全と品質を蔑ろにしてまでイケイケドンドンの拡大策を
推し進めてきたわけです。
これでもし、重大事故が起きたら
国の責任は免れません」(秀島氏)

010

ローコストの過当競争で懸念される人材不足と空の安全。LCCをはじめ
日本のエアラインは険しい“乱気流”をどう乗り越えていくのだろうか。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1080369


贅沢ぬかすな 働けるだけありがたいとおもえ

LCC自らパイロットを養成したらいいんじゃないですかねえ?(本末転倒)

給料が良い方に流れるのは当たり前。人手不足を理由に
労働が増える事が予想されるのに給料を減らされて事故の確率も上がる。
待遇改善しなきゃ無理です。


コストだけに目がいくからそうなる、大切なのは長期的にどうかって
視点だよ。俺はそんな危なっかしいの乗りたくないねぇ

これと先日のニュースの年収1千万以上の人の8時間労働枠撤廃の
法案と組み合わせたら…、なんとパイロットがブラック職に早変わり。

車がいずれそうなるって言われてるように飛行機も自動操縦とかあれば
人手云々は解消できるかもな。安全性はともかく

賃金に関してはすき屋の問題と根が同じなのかも。
要は仕事に応じた代価を支払っているか。低賃金が経営の
銀の弾丸になりえない時代になるのかも知れない

1度で300人近い人の命を預かり、中には重役を乗せてるかもしれない上に
英語が喋れて特殊な技術を身につける努力をして年収1500万円は辛いな。



大量の人間の命を預かるうえ、覚えることも多々ある責任ある仕事なので
高給の部分が羨ましがられるものの当たり前といえば当たり前。
ところがコストカット方針、LCCのような切り詰め切り詰め方針の会社の増加で、
パイロットという一番大事な部分が蔑ろにされています。

これは見なおしてもらわなければなりませんね。
すき家のバイトが間違えて牛丼に雑巾を放り込むのと、
安価で雇われるパイロットが間違えて墜落したのでは雲泥の差。シャレになりません。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P017583_s
(格安航空会社低空飛行問題) データが上書き式のため会話記録消失か 運航続け隠蔽?




コメント

  1. 名無し

    なんだよ人材不足っつーから
    機長になりますってブラックバイト辞めてきた所なのに

    イヤな予感がしたんだよな
    ブラック店長が薄ら笑いでこう言うんだよ

    「でも吉田君て高い所とか苦手でしょ?」
    「そうですね脚立とかちょっと怖いですね」
    「飲み会で肩車したら失神しちゃったよね
     そんな人がパイロット?プッ」
    「あんたもう上司じゃないんだから笑うなよ」

  2. 名無し

    ※1
    クソワロタ
    もう休め

  3. 名無し

    一般企業からしたら高いんだろうが、拘束時間や長時間操縦による疲労、何より、死と隣り合わせということだから、これくらいは普通なのかな?。。。さすがに3000万は貰い過ぎだと思うが(汗

  4. 名無し

    1200でも十分たけえよ
    死と隣り合わせとはいえ道路走るより障害がないから安全って考えもあるし

  5. 名無し

    >>4

    じゃあ、お前やれよw

  6. 名無し

    パイロットになって金使う時間あるのか
    国際線だとそう思う

  7. 名無し

    今後もっと高騰するだろうニュースなのにお前らは努力せずに文句言うばっかだな。

  8. 免許貧乏

    俺自費養成で事業用操縦士まで資格取ったけどね、日本はバカ、糞が付くほど操縦資格取るの面倒くせーんだよ
    自家用のあと事業用はまあ良しとしてエンジン単発、双発、レシプロ、タービン、これが全部資格別々なんだぜ
    レシプロで資格取ったらタービン乗れねーんだよ
    逆にタービンで取ったらレシプロ乗れねーとかね、同じ航空機のくせしてさ

    アメリカじゃ操縦士は無線使うの当たり前だろって観点から操縦士は無線免許無く無線交信、操作できっけど日本は航空無線免許もってないと交信する操縦訓練すら受けられない

    日本国籍持った人間には多少の緩和はしてパイロット増やしていくべきだよ

  9. 名無し

    ※7
    これ、高騰しないから海外に人が流れてるって話じゃネェの?

  10. 名無し

    むしろ、メンテナンス部門でのコストカットがどの程度進んでいる(状況を悪化させている)かが、心配。

  11. 名無し

    原発事故みたく
    国内で未熟な操縦士が大事故起こしたら規制緩和し過ぎた役人に責任を負わせるべき
    たまたま大臣になってた政治家を首にして責任取らしても意味がない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング