交通事故などの激しい衝撃で「天才」になった人たち | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

交通事故などの激しい衝撃で「天才」になった人たち

sPH001474

交通事故で「天才」になった人々。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH001473

■ジェイソン・パジェットさん(米ワシントン州=43)
学業はドロップアウトし、父親の経営する家具店で働いていた31歳の時、
夜道で強盗に襲われ頭を激しく殴られた。
その後の彼は数学と
物理学の分野で天才ぶりを発揮し、幾何学の概念「フラクタル」を
どんな困難なものでも数週間で手書きで完成させてしまう、世界でも
数少ない天才として今に至っている(写真はabcnews.go.comのスクリーンショット)。
発達障がいが認められる者の中で並はずれた記憶力を示す、芸術の分野などで
優れた才能を発揮する者を「サヴァン症候群」と呼ぶが、ジェイソンさんもそんなひとりである。

■オーランド・サーレルさん(米バージニア州=44)
10歳の時、野球の試合でボールを側頭部に受け失神。ただし両親に
そのことを言わず、病院での検査は受けていない。
1年にわたる頭痛を経て、
気が付いたらあらゆる日付と曜日を瞬時に言い当てることが出来るようになり、
「天体暦算の天才」と呼ばれるようになった。「4月22日の17週後の金曜日は
何月何日?」といった質問は、オーランドさんにとっては超カンタンなレベル。
たとえば「1983年2月11日はどんな日だった?」と尋ねると、
「金曜日で天気は雨だった」とまで答えてくれるという。

一部省略
http://news.livedoor.com/article/detail/8762250/  


生活上のケアの視点も大事ですね。

事故後「天才」になった人がいるってことは…その逆の人もいるってことだよね?  

人体はまだまだ不思議だよね。筋肉にしても脳にしても、かなりの余力を残している。
もしこれが安全に100%使用できるようになれば、人類は飛躍するのかな?
滅びるのかな?

命を掛け金に大博打。割に合わない。 


いくら天才になれる可能性があっても、頭を打つのは、
絶対にオススメしません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 



コメント

  1. 名無し

    キョロちゃんが頭を打って天才になった話があったな

  2. 名無し

    俺の脳はもう落ちる所まで落ちてるみたいだから・・・やってみるか!^^/

  3. 名無し

    オレ新品同様の脳です!

  4. 名無し

    人は誰しも天才の要素を持ってると思う。
    様々な思考が互いに作用し合い生命の維持保全を最優先とするための制限をかけてると思う。
    そういった制限の一部が慢性的に作用していない人が天才と呼ばれたり異常性格者と呼ばれたりするんだろう。
    馬鹿と天才は紙一重というが異常とまともも紙一重。
    人に危害を加える天才は結局ただの犯罪者で終わってしまうんだけどね。

  5. 名無し

    衝撃で能力が偏るってことだよね

  6. 名無し

    何年何月何日が何曜日とかわかっても何の得にもならんのだが

  7. 名無し

    4月22日の17週後の金曜日は何曜日?なら俺もすぐ分かる

  8. 名無し

    シューマッハはどんな感じで目覚めるんだろうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング