空腹ではないのに「食べたい!」と感じてしまう6つの理由 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

空腹ではないのに「食べたい!」と感じてしまう6つの理由

sPH001438

空腹ではないのに、食べてしまうのは何故?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


s3f4808b525a42a0bb340252b3c0de1d3_XL

空腹感とは不思議なもので、そんなはずはないのにお腹が空いたように
感じることもあれば、いつもならこの時間はお腹が空くのに今日はそうでも
ないというときもある。

1.喉が渇いている
身体は、水を欲しているのか食べ物を欲しているのか
混乱してしまうことがあるという。
夏ではないから脱水の心配はないと思わず、積極的に水分補給をするように
したい。飲むのはやはり水がおすすめ。

2.食べ物の画像を良く見ている
FacebookやTwitter、instagramなどで誰かの撮った食べ物を
ちょっちゅう目にしていないだろうか?
ある神経科学の研究で、おいしそうな食べ物の画像は脳を刺激し、
食べ過ぎの原因になることがわかったそうだ。

3.睡眠不足
最近よく食べると思ったら、それは睡眠不足のサインかも?
研究によると、睡眠不足の状態で食べ物を見ると、通常より強く空腹を感じ、
ボリュームのあるメニューを選びやすくなるという。


一部省略
http://irorio.jp/manamisgmt/20140421/126157/  


自分もその一人。辛いと食べに走るんだよなあ~

食べ物テロとかしょっちゅう流れてくるんだが・・・

全部あるあるすぎて辛い。


世の中には誘惑がいっぱいということですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

images
(研究結果) 朝に運動をすると、その後一日の食事量や食欲を抑えられるらしい 




コメント

  1. 名無し

    食べたい理由ではない

  2. 名無し

    確かに

  3. 名無し

    当てはまらんし一つもありませんw

  4. 名無し

    6つの理由
     3つ(一部省略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング