日本の葬儀費用は世界でダントツ1位!「ドイツ20万、イギリス12万、日本231万!“それでも死者は丁重に”を主張しているのは葬祭業者だけ」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

日本の葬儀費用は世界でダントツ1位!「ドイツ20万、イギリス12万、日本231万!“それでも死者は丁重に”を主張しているのは葬祭業者だけ」

004779

日本の葬儀費用の高さは世界でダントツ1位!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




Llvvlvpk

老後の生活費同様に独身者が考えなければならないのが
「自らの処分費」。これがめっぽう金がかかるのである。

宗教学者であり、葬送の自由をすすめる会会長の島田裕巳氏の著書
0葬――あっさり死ぬ』(集英社)によると、日本の葬儀平均費用は231万円で、
世界の葬儀費用の中でも断然1位

アメリカの44万4000円イギリスの12万3000円ドイツの19万8000円で
韓国の37万3000円と比べると、日本の死者がいかに金食い虫であることが分かる。
また、これに墓代まで合わせると、実に100万~1000万円の費用がかかる
というのである。

そこで近年注目を集めているのが自前葬や自然葬。
Amazonなどで2万円前後で棺おけを注文可能、総予算を十数万円にまで抑えられる。

とはいえ、葬儀代や墓代をけちって、バチがあたらないのだろうか? 
そんな不安に駆られる人も少なくないだろう。
島田氏いわく、死者が出れば丁重に葬らなければならないという通念や観念、
主張しているのはもっぱら葬祭業者や葬祭コーディネーター、僧侶あたり
だと
皮肉っている。

残る問題は法律だ。
1987年に厚生省が見解を示し、「もともと土葬を問題視にして遺灰を海や山に撒く
といった自然葬は想定しておらず対象外」と表明したことから、自然葬は一般的になった。
海は誰のものでもない。
それでも墓を持ちたいか? 現代には現代にあった弔われ方を模索する必要がありそうだ。

全文は ↓
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1029466

こう聞くと、葬儀代の数百万円てなんだかバカバカしくなってしまいますね。
自分が死んだあとは何をされているのかどうせわからないので、超低予算で
適当に済ましてもらって、あまった金でみんなで美味しいものでも食べてくださいって話、
けっこう前から家族、親戚にはしてますけどね。
昔気質の親は「そんなのダメ、バチがあたる」って許してくれないんですよねぇ。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


4zrl8efi
0葬――あっさり死ぬ



コメント

  1. 名無し

    遺骨は海に流してもらってミネラルとなりたい

  2. 名無し

    こう書かれると確かに日本の葬儀代ってむちゃくちゃ高いな

  3. 名無し

    >>2
    世間知らずなただの偏見の塊な日本人なのだが、
    キリスト教圏とかだと週末は礼拝に行ってお布施を払ってるわけじゃん
    日本だとそういうのが無いから高い…だけじゃ説明付かないな10倍は

  4. 名無し

    両さんも昔言ってた

    いなくなった人間よりも生きてる人間を大事にしろってね

  5. 名無し

    昔から言われてるけどこれだけはこれから先も変わらないだろうな
    安く済ませると白い目で見られる
    それに以外と自分の葬儀は適当に済ませてくれていいと考える人も少ない

  6. 名無し

    うちは特定の寺と懇意にしてたんだが、会場借りるのにかなりふっかけられたから
    そこと縁切って大手葬儀屋が準備してくれた坊主に乗り換えたな
    それでも200万超は余裕でかかった
    仏教はもういいわ

  7. 匿名

    結婚式と葬式はぼったくりバーだよ
    取れるから取る
    誰も何も言えないから取る
    あさましいね国民性だよ

  8. 名無し

    うちの親父ももう自分用の墓を買ってあるわ…300万とか、ばかばかしい

  9. 匿名

    死んだ後じゃなくて生きてる時に金かけて欲しいだろうな

  10. 名無し

    そういえば最近、葬儀か簡素化から粗末化してるって読んだな
    もちろん僧侶のインタビュー記事で

  11. 名無し

    普通のまともな葬儀屋は対価相応で悪者ではない。
    墓とかボーズのボッタくりはひどい。坊主丸儲けという言葉がすべて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング