朝日新聞が報じた『茨城県のカラス食文化を守れ』に疑問 猟友会「聞いたことがない」「駆除目的だろう」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

朝日新聞が報じた『茨城県のカラス食文化を守れ』に疑問 猟友会「聞いたことがない」「駆除目的だろう」

P004877_s

カラス食文化、広範囲では実在しない?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


■関連記事
index
「柔らかくて甘みがある」 茨城でカラスの肉を特産品にする取り組み始まる

↓猟友会は異なる見解





ない

(食べられなくはない模様)


2003年の報道によると、帯広畜産大学畜産科学科関川三男助教授らの
グループが、カラスの食用化を探る研究を進めている。
研究は、将来の食糧難対策と、有害鳥獣として処分されるカラスの有効活用に
メドをつけるのが目的。
カラスの胸肉は、鯨肉にも豊富に含まれるミオグロビンと呼ばれる色素が多く、
赤みが強いのが特徴。食感や味は鶏の胸肉に似ており、学生に食べさせたところ、
評判も上々だったという。
また、関川の報告によると、カラスの肉に残留した重金属や農薬などもなく、
微生物検査においても問題がなかったために、食肉としての安全性も
認められるとされている。

ki5l.jpg
 
結論ありきで記事構成をしようとするマスメディアの体質は
古今東西変わらないですね。
カラス肉自体はどんなものか、ちょっと食べてみたい気はします。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


 


コメント

  1. 名無し

    アカヒ新聞はウソしか書かないな。KY

  2. 名無し

    とりあえず、山賊ダイアリー

  3. 名無し

    長野県にエスポワールっていうジビエ料理の店があるけど、
    そこでカラス料理も出してたはず

  4. 名無し

    カラスは臭い
    野良犬みたいな匂い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング