グーグル・グラスのような「ウェアラブル」はもう古い!? 時代は「エンベッダブル」! 身体埋め込み型端末が登場 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

グーグル・グラスのような「ウェアラブル」はもう古い!? 時代は「エンベッダブル」! 身体埋め込み型端末が登場

P017818_s

時代は身体埋め込み端末?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P017817_s

(略)
いよいよ時代はウエアラブル。スマホやタブレット端末を持ち歩くのも
時代遅れになりそうな勢いです。

だがしかし。時代はわれわれの予想を遥かに上回る速度で進んでいました。
何とウエアラブルでさえ既に最先端ではなくなっていたのです。
では何が最先端なのか?。
それは人間の体に埋め込む機器だったのです…。

米ミネソタ州在住の電子エンジニア兼バイオハッカー、
ブライアン・マクイーボイ氏が、人間の皮膚の下に埋め込む羅針盤を開発。
自らが“実験台”となってこの製品の機能を試すというのです。

この羅針盤、名前は「サウスポー」といいます。
25セント硬貨の直径よりさらに小さい円柱形で、小型の羅針盤を
シリコンでコーティングし、丸みを帯びたチタン製のカプセルで密封してあります。
これを人間の皮膚の下に埋め込むのですが、利用者が北を向くと
羅針盤の超極細のアンテナが反応。皮膚の下でかすかに振動し
「そっちが北ですよ」と知らせてくれるのです。

(略)

聴覚障害がある作家兼バイオハッカーのフランク・スウェイン氏は、
無線LAN信号といったデータを音声に変換し、聴覚障害者を助ける
人体埋め込みタイプの新型機器の商業化を支援しており、
今秋にも試作品を披露する予定です。

(略)

米デンジャラス・シングズ社が、記憶力の向上を助けるという
人体埋め込み型のRFID(微小な無線チップにより人やモノを
識別・管理する仕組み)のICチップを開発。既に各国の支援者に
計数百個のチップを送付しました。

2005年に自らこのICチップを体に埋め込んだ同社の創業者兼CEO、
アマル・グラーフストラ氏はCNNに「最近ではチップの記憶容量も
97バイトから880バイトにまで増えるなど、性能もアップしている」と強調。

これまでは氏名や電話番号などの記憶に留まっていたが、
今の製品はもっと多くのデータを記憶させられると訴え、自身も物理的、
電子的な鍵を開けるためのパスワードとして使っている
と説明しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140504-00000527-san-bus_all

005442
スマホでも事故るのにね。
そこまでパソコンにつながっていないと不安なの?

ハッキングされて、偽の信号を脳に流されたりしないと良いけど

人間が機械に支配される社会なんて、まっぴらゴメンだ!

体内にコンピュータ端末を埋め込むのか、
肉体を捨て自分自身を電脳化するのか・・・甲殻機動隊の世界が現実に? 

色々意見はあるやろけど
結局行き着く所まで行ってしまうんや。
どうなるか楽しみやな。


サイボーグ化はすぐそこに?しかし身体埋め込みは少々リスクが
大きいような気もしますね。突き詰めれば究極的に便利なデバイスなのは
間違いありませんが。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




コメント

  1. 名無し

    ダスク・テイカー

  2. 名無し

    アクセルワールドのブレインインプラントチップか?

  3. 名無し

    BICほど機能はない感じ

  4. 名無し

    電脳化マ━━━━(゚∀゚)━━━━ダ!?

  5. 名無し

    首に指当てて通信か?
    外でダウン姿勢では…ちょい恥ずかしいぜw

  6. 名無し

    エンベッダブルって変な造語作んなよあまえび

  7. 名無し

    これを何年も前から予想していたメタルギアが凄い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング