(世界遺産) 富岡製糸場はブラック企業だったのか? 「元祖ブラック企業」論争 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(世界遺産) 富岡製糸場はブラック企業だったのか? 「元祖ブラック企業」論争

P017811_s

富岡製糸場はブラック企業だった?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


entrance_s

一部抜粋

製糸場資料によれば、勤務時間は7時間45分が基本。
休日は日曜日と祭日、年末年始と夏季の各10日間を含み年間76日とある。
明治期の労働環境としてはかなりの厚遇で、能力別の月給制度や就業規則、
産業医制度も整い、寮費や食費は製糸場が負担。余暇を利用した
工女余暇学校も設けられていた。

民間に払い下げられてからは労働環境が悪化
富岡製糸場は1893年に民間に払い下げられた。以降も高品質な生糸の
量産化に貢献、近隣農家の養蚕技術改良にも主導的役割を果たした。
 
しかし利潤を求める民営下では、工女たちの就業時間は徐々に長くなり、
1日10~12時間に。休日も月2日となるなど労働環境は
だんだんと悪化
していったという。
 
ただ、これは富岡製糸場に限ってのことではなく、
資本主義経済の萌芽期・形成期にとって不可避の矛盾ととらえるべきかもしれない。

全文はコチラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140504-00000011-wordleaf-soci

005442
アホだろ
当時はブラックもホワイトも無いやろ
今の価値観を当てはめるな
今ホワイトでも百年後の価値観で見ればブラックになる可能性は有るだろが

それでも、○タミよりはましだろ。

重要なのは時代背景だろ。
今の時代に自殺するほど残業させたり、パワハラやセクハラしまくる
会社なんて存在価値ねえんだよ。
ブラック企業は根絶やしにはできねえが、有名ブラック企業をじわじわと
スケープゴートにすることは可能だよね。
まあ、これも今までやられてきた人間の怨念だと思うよ。

よく調べれば分かること。
あの程度でブラック企業なんてワタミに失礼だ。

日本の近代化に大いに貢献したものを同列に語るな

何を考えているのか?
「野麦峠」のDVDでも借りて、当時の社会環境を勉強するべき。
日本はもとより、世界的に労働環境は、悪かった。

なにが元祖ブラック企業だよ
当時はブラックもホワイトも無いやろ 

時代背景を考えると、ブラックかどうかというのを論じること自体が
ナンセンスという感じですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P017274_s_s
富岡製糸場、世界文化遺産登録も観光地として課題が山積み




コメント

  1. 名無し

    この時期の社会構造や労働環境を端的に理解したいなら
    パラドックス社のヴィクトリア2ってゲームをやると良い

  2. 名無し

    七曜制導入(日曜日休み)は他の官公庁よりも早い
    (官公庁土曜半ドン・日曜休みは1876年から)くらいなんだが
    1・6日休みでもどっちも休みってトコあんまり無いんじゃないかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング