睡眠不足にならないために、部屋をカスタマイズ! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

睡眠不足にならないために、部屋をカスタマイズ!

sg

睡眠不足に陥らないお部屋の条件。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


Sleeping-Man

仕事でヘトヘトにつかれていても、いざベッドに入るとなかなか眠れない…。
もしかしてそれ、お部屋に問題があるのかもしれません。

●パソコンはベッドから離れた位置に

パソコンが発するブルーライトには、睡眠を妨げる作用があることは
有名ですよね。そこで、お部屋にパソコンを置く場合はなるべくベッドから
離れた位置に置くようにしましょう。
普段デスクワークを中心とした
お仕事をされている方は、せめて自分の部屋にいるときはブルーライトの
影響を受けないように心がけてください。

●いらない物を置かない

ついつい捨てられなくて、いつの間にか部屋が物だらけに…なんて方、
意外と多いのではないでしょうか?確かに物があると落ち着く気はしますが、
それは一瞬です。

部屋が物で溢れかえっている状態が続くと、気持ちも落ち着かず
十分にリラックスもできません。
いらない物があれば、部屋には置かず
定期的に捨てる作業をすることをおススメします。
部屋に物が少ない方が長期的に見て、リラックスできるでしょう。

●ベッドカバーをブルー系に

ブルー系の色は血圧を下げ、神経や体の緊張をほぐしてくれる効果があるので、
リラックスしたい時は最適なカラー
といえます。好きな人とのデートの前日は、
つい興奮して寝つけないこともあるかと思います。

そんな時はブルーの力を味方につけ、疲れをしっかりとって眠りに
つきましょう。ベッドカバーはもちろん、カーテンやインテリアなどにもブルー系の
色を取り入れてみるのも良いですよ。

●間接照明を置く

電気をつけっぱなしだと寝つきを悪くしてしまうけど、真っ暗も怖くて
落ち着かない…そんな方は部屋に間接照明を置いて見てください。
間接照明特有の温かみのある光には、リラックス効果があり、だんだんと
暗くしていくことで体も睡眠モードに突入してきます。 

一部省略
http://news.livedoor.com/article/detail/8790233/  

ブルー系でムーディーな間接照明があれば、かなりオシャレな部屋になりそうです。
ぐっすり眠れる上に友人を招待するのも楽しみになるかも?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



sPH001526
実は身体に悪い「アラームが鳴る前に目覚める」現象の理由 
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング