世界初、ほぼすべてを3Dプリンタで作った自動車! 大丈夫か・・・ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

世界初、ほぼすべてを3Dプリンタで作った自動車! 大丈夫か・・・

P030827_s

世界初、3Dプリンタで作った自動車が登場。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P030828_s

アメリカの国際製造技術展示会で発表
このStratiは、今年の国際製造技術展示会で発表された。
製造したのは、ユニークな車をデザインする国際的な会社Local Motarsだ。

ボディやパーツを3Dプリントするのに44時間かかり、組み立て工程に
4カ月半を要したとのこと。ただ、本格的に生産開始となれば、
体制を拡充してプリント時間を24時間に短縮し、1台を6週間で製造することができるそう。

部品数を49にまで削減
一般的な自動車は数千の部品から成るが、このStratiは、
わずか49の部品から出来ている。全ての部品が3Dプリントされているのではなく、
バッテリーやエンジン(電気モーター)、サスペンションなどは旧来のものが使われている。

ボディやシャーシ、インテリアなどは全て3Dプリントだ。素材は、
カーボンファイバーで強化されたABS樹脂。

P030829_s

3Dプリントカーのメリット
3Dプリントされた自動車には、珍しいという以外に、様々なメリットがある。
例えばオンデマンドで部品を3Dプリントできるので、修理が安くなる。
同様に、車のカスタマイズも簡単に、安価にできる。

1台1万8000ドル~3万ドル
製造元のLocal Motarsは、近々、商業生産を開始することを発表。
サイトで予約を受け付けている。値段は未定だが、1万8000ドル~3万ドル
程度になりそうだとのこと。
http://irorio.jp/sophokles/20141227/191631/
 
一部分を3Dプリンタで作った自動車は存在していましたが、
ここまでほぼすべての部品を作ったというのは初のようですね。
強度は大丈夫でしょうか・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    日本じゃ公道は多分無理だろう

  2. 名無し

    エンジン原付にしてミニカー登録でなんとかか?

  3. 名無し

    3Dプリンタって単に素材の粒を並べただけでしょ
    金属の焼戻しとかの熱処理ってもっと原子レベルに作用する複雑なものだからな

  4. 名無し

    形状を変えたら当然強度も安全性もかわるが安全試験はコスト的に出来ないし危険。

  5. 名無し

    発泡スチロールの業者に聞いたけど
    あれって緩衝材が壊れることで一回だけ中身を守るとか言ってたから
    これもちゃんとした構造設計のものを出回らせるという条件付だけどありなのかもしれない

  6. 名無し

    >バッテリーやエンジン(電気モーター)、サスペンションなどは旧来のものが使われている。

    ガワだけかい・・・・・

  7. 名無し

    >カーボンファイバーで強化されたABS樹脂
    こんなものも3Dプリントできるんだな

  8. 名無し

    レゴでできた車もあるしな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング