庶民の味方“もやし“、生産者「安値限界」 スーパーなどに値上げ訴え | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

庶民の味方“もやし“、生産者「安値限界」 スーパーなどに値上げ訴え

s3d0ec1ca3cdd72a3492a44357aacdee7

もやしが安すぎる。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


PH004669

価格が安く「庶民の味方」と呼ばれるモヤシの生産者が、原料の緑豆(りょくとう)の
高騰で苦境に陥っている。原料高騰の一方で、スーパーなどの小売価格は下落し
ており、生産者の収入が大幅に減っている。
モヤシ生産者でつくる「工業組合もや
し生産者協会」(東京)は、「限界を超えている」としてスーパーなどに値上げを
訴えている。

同協会によると、日本産モヤシの8割強がマメ科の植物である緑豆を発芽させたも
ので、主に中国から輸入している。中国国内で、より実入りの多いトウモロコシへの
転作が進み、緑豆の生産量が減少したため、産地での価格は前年に比べ3割以上
も上昇。
そこに急激な円安も加わり、緑豆の輸入価格を押し上げている。

一方、スーパーなどでの小売価格は下落が続いている。総務省の調査によると、
11月の東京都区部のモヤシの小売価格は税込みで1キロあたり151円と、消費増
税前の3月の152円よりも安い。円安などで食料品値上げが続く中、低価格が売り
のモヤシの値上げには踏み切りづらいのが現状。モヤシの特売を目玉にしている
スーパーも依然として多い。生産者は卸売価格を引き上げることができず、原料
高騰の負担をすべてかぶっている状況だ。

同協会によると、原料高騰などで生産者の廃業が増加しており、2009年に200社
以上あった全国のモヤシ生産者は、現在は150社を切った。
協会は全国のスーパ
ーなどに苦しい現状を訴える文書を送付し、卸売価格や小売価格の値上げを要請。
「先月もある生産者が廃業に追い込まれるなど厳しい状況だ。どうか値上げに理解
を示してほしい」と訴えている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141217-00000105-mai-bus_all

005442
そう言えば、市内のもやし業者が潰れていた。
もやしは、倍にしてもいいと思う。その内それが普通になります。
卵なんて1年前より、50円くらい上がった感じがする。

実際10円とかふざけていると思う。
まぁ、安い事には凡人さん文句言わないよね。 

今が安いので、あと10円、15円上乗せされても買います。でも実際値上げする
と「家計直撃」とか「庶民悲鳴」とか書かれちゃうんだよな。 

流通が強すぎて生産側に価格決定権がない。「企業努力」って聞こえはいいけど
結局、人件費や利益をけづって居るだけ。

自分がみる値段で安いのが19円でよくみるのが29円、39円かな?
確かに安いと思う。手間とかを考えると・・・
もう少し上げても仕方ない気がする、よく買ってるわけではないけどね。
 
給料日前は味方ですが、その安さの反面で苦しんでいる人がいるんですね。
これに関しては値上げは全然構いませんが、果たして・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 


 


コメント

  1. 名無し

    もやし一袋がうまい棒一本と同じ値段じゃ赤字だろ
    せめて同じ重さの最低価格品と値段合わせても全然いいと思うよ
    じゃないと輸送費もバカにならない

  2. 名無し

    そりゃ10円じゃキツいだろうが、値上げした結果80円とかになるのが目に見えてる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング